二子山部屋相馬伸哉の兄弟は?高校時代の成績や関取昇進はいつ?_

二子山部屋の相馬伸哉は、
令和5年3月場所で初土俵を踏んでいて、
入門してまだ1年足らずなんですが、現在は
東三段目十二枚目ということで、
順調に番付を上げていますね
栃木県立黒羽高校時代には、全国高校総体で、
8強入りを果たすなど、大活躍しました
今回は、相馬伸哉の中学・高校時代の成績をはじめ、
兄の小滝山についても紹介します

相馬伸哉のプロフィール

本名 相馬伸哉
しこ名 相馬
生年月日 平成16年9月3日
出身地 栃木県大田原市
身長 178.0cm
体重 133.1kg

初土俵 令和五年三月場所
最高位 三段目十二枚目

相馬伸哉は栃木県大田原市出身で、
市野沢小4年のときに、
相撲を始めました

中学時代の成績

2019年相馬伸哉は、大田原市若草中学校時代に、
全国中学撲選大会では、栃木県勢初の
団体優勝に大きく貢献しました
全国中学校相撲選手権大会の団体戦で優勝
全国各県の相撲の強豪代表校48校の中でトップに立つという
ものすごい記録をたたき出しました
日本一になったのですから、すごいことなんですよね
決勝戦では競合の石川県勢を破り優勝し、
このように栃木県庁にいって、全国制覇の報告をしています

引用元:https://mainichi.jp/articles/20190829/ddl/k09/050/195000c

高校時代の成績

引用元:https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/599231

相馬伸哉は中学時代に大活躍後、
相撲の強豪校である
栃木県立黒羽高等学校に進学します
2022年夏の全国高校総体(インターハイ)では、
12年ぶりの団体8強入りに貢献しました

2022年12月、関東高校スポーツ相撲個人の部で、
無差別級は相馬伸哉が2年連続
3位に入賞しました

相馬伸哉が二子山部屋入門

高校時代は、様々な大会で大活躍した後、
2023年3月、相馬伸哉は、黒羽高等学校を
卒業後、兄と同じく二子山bでやに入門しました
こうして、二子山部屋には、相馬兄弟が
稽古に励む日々が続くことになるのです

相馬伸哉の兄は小滝山

相馬伸哉には、相馬健人、というお兄さんがいます
健人さんは、若草中学校を卒業し、すぐに
二子山部屋に入門しています。
また、『小滝山』という四股名は、曾祖父の
四股名をもらっているということです
2017年小滝山は、最初は藤島部屋に入門したが
二子山部屋に変わっているんですね

曾祖父の相馬栄(小滝山)が絞めた化粧まわしを
つけているのです

相馬伸哉の兄は小滝山強いのはどっち?

相馬伸哉は、兄の健人とは、
年齢が1歳違うのですが、健人さんは、
中学卒業後すぐに二子山部屋に入門して
いて、
入門したのが2018年3月で、弟の伸哉さんは、
2023年3月なので、兄の健人さんよりも、
5年早く二子山部屋に入門しています

兄の小滝山は、入門後6年目になりますが、
番付を徐々に上げており、
幕下三十七枚目まで上がりましたが、今は、
西三段目二十五枚目です
小滝山は、成績にむらがあり、
上がったり落ちたりで、
勝ち越しよりも、負け越すことが多く、
安定した成績が継続できて
いないのが、とても惜しいのです

一方、弟の伸哉さんが二子山べや
に入門したのは、2023年3月で、
現在はまだ、一年と少しです
番付は東三段目十二枚目です

入門時期から考えると、番付が一気に上がって
いるのは、弟の伸哉の方ですね
相撲の成績から言えば、兄の小滝山よりは
相馬伸哉の方が番付が急成長していることから、
相馬伸哉の方が強いかと思われます

小滝山は弟に抜かされたくないはずなので、
今後の相撲が注目されるのではないかと思います
兄弟そろって新十両になれる日が楽しみです

最後までお読みいただき、
ありがとうございました
あなたのコメントやいいね、
をいただけると嬉しいです