尊富士の読み方や父親は?高校や四股名の由来やプロフィール

尊富士が新十両昇進

2023年九州場所が終わり、この度幕内筆頭だった尊富士(たけるふじ)が

新十両に昇進しました。五所川原市役所を訪問して、十両昇進の報告をしました

引用元:https://twitter.com/boss_jonokuchi/status/1730541725830053945

佐々木孝昌市長からは「五所川原にちなんだ化粧まわしを贈るので、頑張ってほしい」

と祝福と嬉しい言葉をかけられました

尊富士は、「関取になって帰ってくるのが夢の一つだったので、光栄です。

県民のみなさんの応援が一番、心の励みになる」と答えました

初土俵から所要8場所というスピード出世を果たしました。

2024年1月の初場所から十両昇進を決めたのですが、これは、小錦関と同じ記録になります。

師匠でつがる市出身の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も青森出身で同じです

以下は、小山桜(16=式秀部屋)を下してただ一人の全勝を守り、序ノ口優勝

した時の画像

引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/11/25/kiji/20221125s00005000315000c.html

  • 幕下在位:4場所
  • 三段目在位:1場所
  • 序二段在位:1場所
  • 序ノ口在位:1場所
  • 前相撲:1場所

「これからが大事。横綱になるという大きな目標を達成できるように、

持ち味の押し相撲を磨いていきたい」と、すでに横綱を目標にしていることを明かしています

尊富士のプロフィールと父親

尊富士

引用元:https://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/4171/

尊富士(たけるふじ)

本名・石岡弥輝也(いしおかみきや)

生年月日 1999年4月9日(24)

出身地 青森県五所川原市

初土俵 令和四年九月場所

身長 184cm

体重 139kg

所属部屋 伊勢ケ浜部屋

高校 鳥取城北高

大学 日本大学

大学卒業後は伊勢ケ浜部屋に入門、上着のボタンが

とれそうですね

父親の情報は見つかりませんでした

四股名の由来と相撲のきっかけ

尊富士の四股名の由来は

四股名は尊富士弥輝也(たけるふじみきや)で、「尊敬される、位の高い力士に」という願いを込めた「尊」と、師匠の現役時代のしこ名からの「富士」を組み合わせて名付けられました。

「尊」は日本武尊にも由来

相撲のきっかけは祖父が祖父が草相撲の強豪だったようで、相撲を幼稚園の頃から

地元の中泊道場で相撲を始めています

わんぱく相撲全国大会では、小学校4年時に個人ベスト8と団体優勝、5年時に個人3位

という結果を出しています

小中学時代

小中学時代はつがる市の「つがる旭富士ジュニアクラブ」で鍛えた。

地元を離れてつがる市立木造中学校に進学し、

中学校3年時に全国都道府県中学生大会個人3位、全中個人ベスト8、白鵬杯団体優勝・個人3位の実績を

残している

高校・大学時代の成績

鳥取城北高等学校

1年時に金沢大会で個人8強

3年時は全国高校総体個人3位

強豪の鳥取城北高校に進み、日本大学を卒業後、伊勢ケ浜部屋に入門

日本大学

全国学生体重別大会135キロ未満級準優勝、

全国学生選手権団体優勝

尊富士はこれから十両昇進が決まり、

「これからが大事。横綱になるという大きな目標を達成できるように、持ち味の押し相撲を磨いていきたい」ということで将来の横綱を目標に2024年初場所からどんな相撲を見せてくれるか、楽しみですね