石川祐希の新しい情報を紹介!オンラインで小中学生に夢をアドバイス!

石川祐希の新しい 情報

東京オリンピックで29年ぶりにベスト8になったバレーボール男子日本代表のキャプテンの石川祐希(いしかわ ゆうき)選手について最近の新しい情報を紹介していきます。

まもなく始まる第21回アジア選手権に向けて石川祐希選手は東京オリンピックではベスト8で涙を流しておりましたが、今回のアジア選手権では必ず優勝するんだという闘志が伝わってくるようなインタビューでした。

第21回アジア選手権に向けて石川祐希のメッセージ

石川祐希選手は2021年9月12日から始まる【第21回アジア男子選手権大会】に対して「どのような状況でも点を取る能力が僕の強みなのでそこを見ていただきたいです。」と力強いメッセージを聞かせてくれました。
そして「アジア選手権は優勝という目標を設定しています!」とはっきりと答えていました。また、「世界との差は縮まってきていると僕自身感じてきていると思うので東京オリンピックで味わった悔しさを晴らしたいしその先のパリオリンピックにつなげたい。」と話していましたのでぜひ、アジア選手権ではまず、優勝して世界選手権の切符を手に入れてほしいですね


中垣内監督、石川祐希選手、髙橋藍選手はアジア大会では1位を目標にしていると強く語っていますね。次のように力強く試合への意気込みをきかせてくれました。
ぜひ、頑張ってもらいたいですね。

石川祐希が小学生にオンラインでアドバイス

2021年9月8日に行われた小学生とのオンラインイベントは行われましたがめざましテレビで放送されました。
その中で石川選手は将来日本代表になりたい小学生の質問にとてもやさしく答えていました。
「ジャンプ力をつけるにはどうしたらいいですか?」という小学生の質問に「縄跳びがいいよ」などまとめてみました。

小学校の頃、毎日やっていた習慣やトレーニングはありますか?

最初の質問に石川選手は「クラブの練習が終わって家に帰ってから毎日縄跳びを1000回くらいやっていました。中学生からはお風呂上がりに体を柔らかくするためにストレッチを始めて、今でも続けています」
という答えに子供たちは小学生からは「すげー」と驚いてましたね。さすが、日本代表になるような選手は人並みではないんですね。
縄跳びはジャンプ力をつけるためには欠かせない練習メニューなんですね。

キャプテンとしてチームメイトとの良い接し方は?

小学生に自分がバレーボールのキャプテンをしているが「チームメイトとの良い接し方はありますか?」という質問に対して石川選手は
「思ったことは言うし、しゃべらなきゃと思ってしゃべってないし
もっと知ってみようという興味からいろんな話につなげていけばコミュニケーションも取れると思うのでそういう気持ちかな」

どうすれば日本代表に入れますか?

かなりストレートな質問ですが石川選手は
「練習をたくさんしてうまくなる。練習はうそをつかないのでたくさん練習をして技術を身に着けてください。みんなとどこかで一緒にプレー白井と思っているので、絶対に日本代表になるという気持ちを忘れずに頑張ってください。」とうれしくなる答えをしていました。

まとめ

石川祐希選手はアジア選手権で東京五輪の悔しさを優勝という形で晴らすことができるか大いに期待してみたいですね。

小学生たちとのオンラインイベントでは小学生の立場になって優しくアドバイスをしていることで人柄も本当に暖かくて優しい人なんだなあと見ることができました。

アジア選手権で優勝して世界選手権の切符をぜひ手に入れてほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。