北川景子ファーストラヴの由紀はどんな役? ネタバレ ショートヘアの理由は?

ファーストラヴ映画化

島本理生原作のファーストラヴは第159回直木賞受賞作品で 12万部を 超えるベストセラー小説。

この度は映画化が決定し北川景子が主人公を演じることになりました。

ファーストラヴ聖山環菜と真壁由紀ネタバレ

物語は アナウンサー志望の女子大生が 面接を途中で放棄して父親のいる所に向かい、父親を刺し殺す場面ではじまる!

女子大生は自分で用意していた包丁で画家である父親の聖山那雄人の仕事場に行き包丁で刺しただ。その後、血だらけで歩いているところを逮捕されたのだ。

女子大生の聖山環菜(ひじりやまかんな)の担当するのが公認心理師である真壁由紀(北川景子)だ。

環菜の供述は、「動機はそちらで見つけてください」と警察を挑発する態度で世間を騒がせたのだ!

真壁は聖山環菜の本を 執筆することになり、何度も面会や手紙をやりとりしていくのだった。

真壁由紀は二転三転する環菜の供述にふりまわされるが、だんだん自分も環菜と同じ体験をしていて共感するところがあったのだ。

それは父親にされたあることが女子大生と同じようなことで憎んでいたのだった。

そして、真壁は自分の現在を見直さなくてはならないという気持ちになってゆくのだった。

髪を30センチカットした理由

ファーストラヴの真壁由紀の役柄に成りきるために初めて髪を30センチ以上カットして映画化されるファーストラブの撮影に取り組んでいるのです!
髪を切るときは最初にはさみを入れたのは北川景子自身だということで

役に本気で臨んでいるといえる。

メッセージを出している

北川景子コメント

ファーストラブの撮影について主演の北川景子はこのようなコメントを出している。

髪を30cm以上切って由紀を演じた北川は「原作・脚本を読みながらも胸が苦しかったのですが、今だからこそやるべき作品だと思いました」とコメント。「ミステリーの中にも人々の愛情やドラマが織り込まれた、新しいエンターテインメント作品になると思います」

と自信に満ちた発言だ。

浅野妙子が脚本を手がけた「ファーストラヴ」は、2021年に全国で放映