若隆景(わかたかかげ)の実家はちゃんこ若葉山!3兄弟や結婚相手と子供について

若隆景は2021年の春場所では2大関(貴景勝、正代)に勝っておっつけ(自分の肘を自分の脇に押し付け相手の肘を手で外側から絞り上げる相撲の技術)が認められて技能賞を初受賞しました。
大関の貴景勝にはこの動画のように相手の肘を常に抑えようとしているから張り手を食らうことを防ぎながらおっつける相撲、小柄ながらうまい相撲だなあと感心して何度も見てしまいました。

成績は10勝5敗で今の調子は絶好調と言えるので5月場所では三役も十分狙えると思いますし、相撲ファンとして今後の活躍を大いに期待しています!


引用元:https://www.nikkansports.com

若隆景の今後の課題は2つ、

  1. 現在127キロの体重を増量して上位陣との勝負に備えること
  2. 下からの攻めが得意なのでさらにおっつけに磨きをかけること

食生活ではピーマンやトマトなどの野菜嫌いを克服することも栄養バランスを考えれば重要なことといえると思うのですが好き嫌いはちょっと難しいかもしれませんね。

大相撲の関取の若隆景は「わかたかかげ」と読みますけど、舌を噛みそうになりますのでアナウンサー泣かせだといわれているのです。

荒汐部屋の幕内力士の若隆景は三男坊で3人兄弟の末っ子なのですが番付は兄弟の中で1番早く幕内に入っていて現在は前頭筆頭で一番出世していて、次男は十両の若元春(わかもとはる)、一番上の兄の長男は幕下で若隆元(わかたかもと )と3人兄弟でみんな現役の力士なんですが、将来は3人とも揃って幕内になるというのが大きな目標であり、いつかはきっと3人揃って三役も実現できることをファンとしては願っているのでその日がとても楽しみなのです。


引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/

若隆景の実家は「ちゃんこ若葉山」というお店で3兄弟の両親が経営されているのですが人気メニューや店内の様子、評判など実家についてや兄弟について、また、若隆景の結婚相手やプロフィール、子供についても紹介します。

若隆景の実家はちゃんこ若葉山

ちゃんこ若葉山
店長 若葉山⇒若信夫
人気メニュー 塩ソップちゃんこ鍋
人気メニュー シャモちゃんこ鍋

若隆景の実家ちゃんこ若葉山の創設者とは?

若隆景の実家は祖父が元小結の若葉山(わかばやま)で引退後に「ちゃんこ屋若葉山」を始めていましたが、その若葉山ってどんな関取だったか調べてみました。

若葉山のプロフィールとつらい過去

若隆景の祖父の若葉山は出身地が埼玉県北足立郡で現在のさいたま市なのですが、生まれは1922年11月9日中国の北京でした。身長173cm 体重 94kgと今の力士だったら超軽量になるのですが、当時の食料事情からみて、仕方がなくてこのころはお相撲さんの体もそんなに大きくなれなかったかもしれませんね。

本名がは岩平貞夫(いわだいらさだお)で幼少期に母親と生き別れとなり日本に母親を探すのには力士になるのが一番良いとして呉服屋で働いていた時に双葉山が巡業で表れ、このチャンスを見逃すわけにはいかないと弟子入りを志願して日本に来て関取になるが新入幕の1947年6月場所まで四股名は姓の岩平のままだったのは中国で生き別れた母親に「自分の存在を見つけてほしい!再会を果たしたい!」という強い願いが込められていたのでした。

しかし、結局母親とは会えず親方の双葉山が戦前に活躍した若葉山が良いとして名付けられたのでした。
若葉山にはこのようなつらい過去があったのです

ちゃんこ若葉山二代目大波政志

祖父の亡き後は若隆景の父親の元幕下の若信夫(わかしのぶ)で本名が大波政志さんが経営していて、母親は若葉山の娘さんになるのです。

引用元:https://www.facebook.com

ちゃんこ若葉山の場所は福島第一原発から直線距離で約60キロの福島市方木田にあり福島駅から1.4kmの場所にあります。
住所は
福島県福島市方木田字稲荷塚36-2

店内の様子は

若隆景が生まれ育った実家はちゃんこ屋さんでおいしい鍋料理をたくさん食べることができますが
店内には3兄弟の長男の若隆元、次男の若元春、三男 若隆景の写真が壁に貼り付けられていたり、
複数の関取の手形がついているランチョンマットが敷いてあるので食べる前から周りをながめながら大相撲気分を楽しむことができます。

この投稿をInstagramで見る

 

ゆきちん(@yukichin0825)がシェアした投稿

1階がカウンター席とテーブル席があり、2階はお座敷があり人数により貸切ることもできる落ち着いた空間の一軒家レストランです

予算は

予算は一人6000円でちゃんこを思う存分楽しめる量を食べることができてお肉も野菜もたっぷり出てきますので最後の雑炊やうどんまでお腹いっぱいになります!

ちゃんこ若葉山の評判は

おすすめメニューは塩ソップちゃんこ鍋で最後の雑炊は格別な味が楽しめます。量も多くてお腹が満腹になるので鍋が食べたいときにはこのお店がおすすめです。

子供連れての食事もできるのでお子様を連れたママも遠慮なくちゃんこ鍋を楽しむことができるのです。

この投稿をInstagramで見る

 

nishihara.a(@ama_nishihara)がシェアした投稿

若隆景のプロフィール


引用元:http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3761/

若隆景のプロフィール

四股名 若隆景 渥
フリガナ わかたかかげ あつし
本名 大波 渥
フリガナ おおなみ あつし
生年月日 1994年12月6日(26歳)
身長 182.0cm
体重 125kg
所属部屋 荒汐部屋
現在の番付 東前頭筆頭

若隆景の学歴

  • 福島市立吉井田小学校
  • 福島市立信夫中学校
  • 学法福島高校
  • 東洋大学法学部企業法学科卒業2017年3月

大学在学中には2016年全国学生相撲選手権にて、団体優勝・個人準優勝

2018年4月20日には東洋大学から化粧まわしを贈られているのです。


引用元:https://www.toyo.ac.jp/news/academics/toyo-sports/newslist/349961/

相撲を始めたきっかけ

小学1年生から県北相撲協会で相撲を始めていますがきっかけというものは特になくて
お爺さんが元関取で小結で若葉山、お父さんは幕下・若信夫でそして兄弟も兄は長男が幕下・若隆元で次男が十両・若元春というようにまさに相撲一家の中で生まれたので相撲はごく自然にやっていたのでしょう。若隆景は子供のころからお兄さんに刺激を受けて兄弟の中でも一番の負けず嫌いの性格なのでより一層稽古にも夢中で取り組めたので強くなったのでしょう。

それと、兄弟の中では一人だけ東洋大学に進学して

3兄弟の目標は祖父の小結という三役入りということです。
今のところ一番可能性が高いのは三男の若隆景ですね。

若隆景の兄弟は3人

若隆景は3人兄弟の末っ子で長兄の若隆元、次兄の若元春と3人とも大相撲の現役力士なんですが四股名の由来は戦国大名だった毛利元就の息子の毛利隆元と吉川元春そして3男の小早川隆景の名前を取ってつけられているのです。

戦国武将の子供の名前を付けるなんてかっこいい四股名ですよね。

毛利隆元 吉川元春 小早川隆景
若隆元 若元春 若隆景

3兄弟同時関取が最大目標

子供時代から大波3兄弟と言われていて福島では有名だったようです。

いつか、3人が揃って幕内力士になれたら祖父や両親がどれほど喜んでくれるでしょう。福島県民も福島の英雄になるに違いないですね!「3兄弟同時関取」

福島県知事に技能賞報告

2021年3月の春場所で三賞の技能賞を獲得した若隆景は兄の若隆元と若元春と3兄弟が揃って地元の福島県庁に行き内堀雅雄知事に受賞の報告を三人で報告してきたのです。

福島県のヒーローとして内堀知事もとても喜んで次のように答えていました

「3兄弟の活躍が私たちの励みになり、福島に勇気と元気を与えてくれる」
あとは、二人の兄の番ということでプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

引用元:https://www.minyu-net.com

若隆景3兄弟のエピソード

長兄・大波渡と次男・大波港,そして三男・若隆景(大波渥)の3人の大波3兄弟にまつわる懐かしいエピソードなんですが小学生のころ、凍らせたポッキーが大好きな渥くん(若隆景)が冷凍庫にポッキーをしまっていたのですがある日、一番上の兄の大波渡さんが見つけて食べちゃったんですが帰ってきた渥くん、ブチギレで渡さんの胸倉を捕まえて「返して、返して」と渡さんが買ってくるまで1時間ぐらい付きまとい罵声を浴びせて許さなかったそうで末っ子ながら気の強い性格で兄もくたくたにさせられてしまったんだそうです。負けず嫌いの性格はお兄さんも負かしてしまうほど強かったんでしょうね。


引用元:http://arashio.net/sp_onami2.html

若隆景の兄弟の四股名の由来

若隆景の兄弟三人の四股名には「若」という文字が使われているのですが、これは祖父の若葉山と父親の若信夫(わかしのぶ)から取っています。

三子教訓状(さんしきょうくんじょう)という戦国武将の毛利 元就(もうり もとなり)が言い伝えた言葉で「1本の矢では簡単に折れるが、3本纏めると容易に折れないので、3人共々がよく結束して毛利家を守って欲しい」

という願いを込めて残されているのですが3人の兄弟の四股名は毛利 元就の3人の息子で

若隆元は毛利3兄弟の長兄・毛利隆元から、若元春は次男・吉川元春から
若隆景は小早川隆景から
取って荒汐親方(元小結大豊)が名付けられたそうです。
そして、3人の兄弟が切磋琢磨(せっさたくま)して技を磨いてほしいという願いが込められています。

相撲部屋は荒汐部屋

荒汐部屋には先に二人の兄が入門していることから3兄弟が同じ相撲部屋に入っていわゆる3本の矢のごとく3人が力を合わせて強靭な力士になっていき、関取になることが大波3兄弟の最大の目標です。

この投稿をInstagramで見る

 

TM(@toshi_and_mitsu)がシェアした投稿

若隆景の結婚相手

若隆景は東洋大在学中にお付き合いしていた介護士の沙菜さんと2018年5月に23歳で結婚しています。十両で関取にもなっているので収入もあり、生活も安定したから結婚したのでしょう。

23歳という年齢は関取の中では早いほうなのでしょう。お子さんは女の子が誕生しているのです。

若隆景の子供

若隆景の子供さんは2021年2月に第4子となる女の子が誕生して26歳で4人の子持ちということになります。女の子が3人で男の子が1人
2018年5月に結婚して毎年お子さんを生んでいるのでお産も子育ても大変でしょうね。

まとめ

若隆景の実家は福島県のちゃんこ若葉山で祖父の若葉山が引退してお店を出しましたがその後で大波政志さん夫妻が継いでいらっしゃいます。

若隆景の奥さんは東洋大学時代からの交際で23歳で結婚後現在は4人の子供さんがいらっしゃいます。

大関や関脇などの上位陣にも引けを取らない下からの攻めで今後も勝ち星を多く勝ち取っていってほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。