八千草薫の通夜と告別式はいつ?喪主は誰でお別れの会はいつ?

八千草薫さんが死去

昭和を代表する人気女優の八千草薫さんが24日に都内の病院で亡くなりました。88歳でした!

八千草さんは17年12月に人間ドックで膵臓(すいぞう)がんと分かり、翌18年1月に7時間に及ぶ摘出手術を受けた。その後は抗がん剤治療などを受けて順調に回復、同年8・9月には舞台「黄昏」に主演し、ドラマ収録にも参加した。

最後の作品は「やすらぎの刻(とき)~道」になってしましまいましたが、

途中まで、ヒロインのしの役を演じていました。

八千草薫の 経歴

八千草薫は 11931年1月6日生まれ
大阪府出身
宝塚音楽学校卒業後に女優をめざした。

所属事務所は 柊企画

相性はひとみ 本名がひとみだから

身長は自称154 CM です。

幼い頃にお父さんを亡くして母ひとり子ひとりの家族だった 。

青春時代は第二次世界対戦で 自宅も空襲で焼け 華やかな世界に憧れて 女優になった。

1952年の源氏物語 の主演で ブレイク!
若柴役で花が開いた。

夫は映画監督の谷口千吉 二人の間には歳の差が親子ほど離れていたので子どもがありませんでした。

2007年に夫と死別している。

2007年の年末 膵臓癌が見つかり 翌年2018年1月2は手術を受ける。

その後回復して ドラマや舞台「黄昏」では主演を演じていた。

2019年再発が発覚して

ドラマを降板することになって
亡くなりました。

通夜や告別式の 予定は何時?

NISA で子供がいない 八千草薫の通夜や告別式は 喪主は誰がどういう風に 行われるのか 気になるところです。

実際に亡くなっていたのは24日で通夜も告別式も
近親者ですでに終わっているということです。

お別れの会について

お別れの会については本人の希望により行われないようです。