隆の勝はかわいい!出身地と中学とwikiプロフィール紹介

大相撲の幕内力士の中でもかわいい力士として有名なのが隆の勝(たかのしょう)です!

隆の勝のチャームポイントは何といっても笑顔ですよね。顔つきがよく見ると三角で

おにぎりみたいでとってもかわいいのです!これは男女問わずファンになりますよね。

そんな、隆の勝のかわいいところや出身地と出身中学校、彼女はいるのか?結婚の時期は?などを紹介します。

wikiプロフィールについても紹介していきます。

隆の勝がおにぎり君と呼ばれる理由

おにぎり君と呼ばれた本当の理由は隆の勝は2017年11月15日新十両に昇格したときに相撲番組の解説者のだった舞の海さん(元出羽の海部屋の小結)が次のように言ったのでした。

    • 表情が癒し系
    • 好感が持てる
    • おにぎりみたいでかわいい

このような感想を述べたことが始まりでした。舞の海さんも身長は171センチと小柄な力士でしたが
やはり、この笑顔にはかなわなかったのでしょう。

隆の勝は見れば見るほど癒し系でかわいいですね。

相撲をやめてもこの笑顔があればお笑い芸人としても大成功するのではないでしょうか。

おにぎり君というニックネームも愛着がもててかわいいし、好感度抜群です!

ファンもかわいいと評判

太い眉毛にやさしい目この顔見ているだけで心が楽になるし疲れも吹っ飛ぶ。

かわいい化粧まわしノブドッグ

隆の勝は戌年で犬が好きということで伸明という名前からノブドッグというワンちゃんの化粧まわしをつけています。

隆の勝本人にそっくりのワンちゃん(名前からノブドッグ)が描かれた化粧まわしは関脇に昇進したときに贈られました。

引用元:http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3265/

隆の勝のwikiプロフィール

引用元:http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3265/

化粧まわしの犬と隆の勝が似ているところが面白いですね。
隆の勝は元々犬が好きのようです。

四股名 隆の勝
フリガナ たかのしょう
愛称 ノブ、おにぎり君
本名 石井 伸明
フリガナ いしい のぶあき
年齢 26歳 (2020年11月現在)
出身地 千葉県柏市
生年月日  1994年11月14日
身長 183.0cm
体重 155.0kg
得意技 押し
所属部屋 千賀ノ浦部屋

出身地と相撲を始めたきっかけ

隆の勝関は千葉県柏市出身です。
柏市内で育ち中学を卒業してすぐに相撲部屋に入門しました。

隆の勝=石井 伸明少年の相撲との出会いは小学校1年生の時に両親と地元の相撲大会に参加したことだった。
本格的に相撲に取り組んだのは小学3年生から柏市スポーツ少年団で相撲を始め、小4から小6までわんぱく相撲全国大会出場している。

スポーツ少年団は稽古は1日4時間で1週間で2~3回あったのです。
厳しい練習だったけど伸明少年少年にはとても楽しい時間だったのでした。

柏市立西原小学校を卒業していた。

はじめは嫌がる伸明君だったそうだが柏市スポーツ少年団に入ると
相撲が楽しくなったと隆の勝関は話している。

6人兄弟の4番目でほかの5人はスマートで体格は普通だったが隆の勝(石井 伸明君)だけが子供の時から体が大きくて相撲をやる体格には優れていたのです。

そして相撲の稽古が子供のころは最初は嫌だったけれど楽しくて仕方がなかったというからうらやましいですね。
ニコニコ笑顔はその時からだったんでしょうね。
また、整体師のお母さんは姿勢が悪くなるからと携帯ゲームは禁止だったそうで体のことは気を付けて育ててくれました。

隆の勝の出身中学

出身中学校は柏市立西原中学校でした。

中学時代は全国中学校相撲選手権大会に千葉県代表として団体戦に出場した。

中学を卒業してから入門するまでは柏市スポーツ少年団で本格的に稽古をしていた。

同級生に大翔鵬がいて、琴勝峰や琴ノ若が後輩で所属していた少年団だった。

だから稽古するには強い相手がいる最適な環境だったのです。

琴勝峰の実家は居酒屋達磨で弟も力士!wikiプロフィールも紹介!

中学生のころから将来のライバルたちと相撲をしていたのですね。

入門から現在と四股名の由来

伸明少年は中学卒業後すぐに同時に千賀ノ浦部屋に入門しました。

四股名は19代千賀ノ浦親方の現役時代の舛田山の舛をもらって舛ノ勝だった。
同期生には輝、千代ノ皇らがいた。

2010年3月場所で初土俵
2017年11月場所で新十両昇格と同時に20代千賀ノ浦親方隆三杉の隆をもらって

隆の勝となったのです
2018年9月場所では幕内に新入幕して東前頭14枚目を獲得した。

稀勢の里とぶつかり稽古をしたときに「スタミナがあってよい稽古になった」
と良い評価をしてもらえた。

2020年は3月7月9月と3場所勝ち越して関脇を手に入れることができた。
2021年からはいよいよ大関を狙える都市となり1月に12勝して、3月に13勝すれば

大関の条件がそろうことになるのだ。
ぜひ頑張ってほしいものです。

家族や兄弟の絆が強い

隆の勝は素晴らしい家族に恵まれている。

兄弟がみんな仲が良くて家族中で応援して支えているので隆の勝も兄弟がみんなに自慢できる力士になりたいと
思っているんです。

家族中の温かさが隆の勝の強さの秘訣なんでしょうね。
兄弟こんなに仲がいいのです。

そして隆の勝はインタビューでは相撲は逃げない相撲を心掛けている。
横綱にも真っ向勝負で頭から当たって一気に押し出す相撲を目指していると言っているのです。

お父さんは、公務員母親は整体師です。

今もお母さんは場所前後には隆の勝の体を治療に来てくれるようです。ありがたいことですね。

好きな女性のタイプは?彼女はいる?

隆の勝の好きな女性のタイプは 元AKB48に所属していた田名部生来(たなべ みく)さんだそうですが、大相撲ジャーナルという相撲雑誌の取材のお仕事で隆の勝がいる千賀ノ浦部屋にやってきたのです。

隆の勝はそりゃあびっくりしたでしょうね!

田名部生来は1992年12月2日生まれで隆の勝より2歳年上です。

この時は隆の勝のテンションもピークに跳ね上がり、このうれしそうな表情で大喜びだったんです。
自分の好きなアイドルがインタビューしてくるなんて夢のようだったでしょう。

結婚は三役に上がってから

2020年9月同じ部屋の貴景勝が結婚してその運気をもらって自分も結婚にあやかりたいという隆の勝です。
お姉さんも結婚が決まり身の回りでは幸せな家族や仲間がいるからそろそろ隆の勝も結婚を考えていることでしょうが電話インタビューのコメントでは以下のように答えている。

「まだ結婚はいいかなと思っています。とりあえずは上がらないといけないので。目標達成してからでないとそんな気持ちになれないというか。三役上がってからですね」

初めての三賞受賞

隆の勝は2020年3月初めての三賞を受賞した。
敢闘賞だった。

なかでも大関の正代を土俵下まで押し倒して12勝はすごいことです。

同部屋の貴景勝との取り組みでも勝つときもあるし
調子は好調のようです。


引用元:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/23/kiji/20200322s00005000459000c.html

新関脇に昇進

2020年10月新番付が発表されて2020年11月場所から隆の勝は西の関脇に新たに昇進しました。
リモートインタビューでは運が良かったと謙虚な言葉で答えていた。
新しい番付表をみて自分の四股名が大きく書かれていてとてもうれしいと答えていました。

これで新三役になれて結婚の条件もそろったことですがお嫁さんの話はこれからはいつ決まってもおかしくない
条件が整いましたね。

まとめ

隆の勝は出身地が千葉県柏市です。
小中学校は柏市立西原中学校を卒業しました。

彼女とか結婚の話は同じ部屋の貴景勝にあやかりたいという気持ちは十分ある。
でも新三役になるまではまだ、結婚の予定はないと隆の勝本人が言っていたが

新関脇として三役になれた今は結婚の条件もそろったことになるのです。

いよいよ関脇になり、2021年には1月場所と3月場所で12勝、13勝と好成績であれば
大関に昇格する条件も整うわけです。

ぜひとも頑張ってほしいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。