大相撲輝力士の化粧まわしとプロフィール紹介!彼女の話や結婚の予定は?

大相撲の幕内力士の輝大士(かがやきたいし)は本名が達 綾哉(たつ りょうや)。身長が193cmと背が高い力士で父方の親戚には元横綱の輪島大士関がいます。

初土俵から10年新入幕して4年徐々に番付も上がってきて今は東前頭3枚目となり
これからますます調子も上がっていくことでしょう。

輝関について化粧まわしやプロフィールをまとめました。
結婚についてどんな風なのか?も調べてみました。

輝大士のプロフィール

引用元:http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3255/

四股名 輝大士
フリガナ かがやきたいし
本名 達 綾哉
フリガナ たつ りょうや
生年月日 平成6年6月1日
出身地 石川県七尾市
身長 193cm
体重 170kg
所属部屋 高田川部屋
番付 前頭三枚目
初土俵 2010年3月場所
入幕 2016年1月場所
得意技 突き・押し
目標とする力士 元関脇・若の里

四股名の由来

輝関は最初の四股名が本名の達であったが平成26年11月場所から新十両となりその時から四股名を輝大士に変わった。

輝というのは石川県まで開通した北陸新幹線で、東京駅と金沢駅を結ぶ列車
「かがやき」にちなんで、また大士は父の元横綱の輪島大士からもらいうけたのだった。

これまでの経歴

  • 初土俵
    平成二十二年三月場所
  • 新十両
    平成二十六年十一月場所
  • 新入幕
    平成二十八年一月場所
  • 最高位
    前頭三枚目

家族

父はトラックの運転手、兄1人と姉1人の3人きょうだいの末っ子なのです。

相撲を始めたきっかけ

幼稚園の時にこれ以上大きい服がないといわれるほど大きな体型になって
小学校に入学するとすぐに相撲を始めたのでした。

 

ごく自然に恵まれた身体を生まれながらにもっていたのです。

小学校時代

七尾市立石崎小学校1年生の頃から身体が大きいので相撲をやることになったのでした。

穴水少年相撲教室では
遠藤関の4つ年下になる。

子供の頃からライバルなんですね。

また、小学生のころ、達少年はデカイということで相撲大会など一番だったのです‼️

あと、絵を描くのがうまくて、賞をもらったことがあるそうです!

兄弟でいつも仲良く遊んでいたのでした。

中学時代

中学校は相撲部のある
金沢市立西南部中学校へ
親元を離れて生活始める

中学1年次には183cm、108kgと立派な身体!
全国都道府県中学生選手権の団体と個人で優勝

えんほうとは同級生です

高田川部屋へ入門

強豪高校からの勧誘を断って2010年3月中学卒業してすぐに入門した。

最初はすごく調子が良くて三段目力士と同等に相撲を取り

8場所で幕下に昇進したのだがけがや成績が伸びなくて
2014年11月場所に十両に昇進できた。

この時に達から輝に四股名を変えた。
新入幕は2016年1月場所

輝力士の化粧まわし

金沢駅の鼓門がデザイン

輝関の化粧まわしは金沢駅の鼓門が描かれていますね!

化粧まわしのデザインになっているのです!

輝関の新しい化粧まわしはブルーにイルカ

 

 

浴衣姿も輝きです!

背が高いから良く目立ちますね❗️

 

 

勝ち越しインタビュー

この投稿をInstagramで見る

 

SACHI(@juntaecai)がシェアした投稿

彼女はいる?結婚は?

輝関は結婚の情報はいまのところありません。

今は稽古して小結。関脇そして大関への道が優先で

女性を見る余裕がないのではないでしょうか?

お母さんの里江さんも心配していることでしょう。

同じ地元石川県出身の力士は遠藤や炎鵬がいます。

遠藤は結婚しているが輝と炎鵬
は、まだなんで見守って

いくしかありませんね。

まとめ

輝関は石川県七尾市出身の幕内力士です。