新型コロナウイルス感染対策としてカラオケ店の営業時間の短縮が緊急時短宣言以来、出されています。

この記事はカラオケ店が新型コロナに対する危険性がどれくらいなのか?

対策や危ない点を紹介し感染を未然に防止する方法を紹介しています

カラオケ店閉店増加

新型 コロナ 感染リスク高い カラオケ店は 現在閉店が 相次いで 経営 状況は深刻な状況 に陥っています。
1970年代 大ブームを起こした カラオケ店ですが現在はカラオケ始まって以来の危機を迎えています。
全国で約6000店舗ある カラオケボックスが新型 コロナの影響で約1割閉店となり、500店舗が閉鎖されています!

店側のコロナ感染対応策

現在カラオケ店ではコロナ感染リスクを減らすために食べるときと歌う時の区別を取るように お願いをしています。

食事のときは話さない

新型コロナウイルス感染を食い止めるためには飛沫感染を防止することが最重要課題です!

感染リスクを減らすためには食べながらの会話をなくすことが重要です!

そのためには食事タイムとカラオケタイムを区別して行う必要があります。

なので食事や菓子を食べる時は会話を慎むこと、特にお酒を飲みながらの会話は厳禁です!

大声で叫んだり、話すことは感染の危険が高まります。

そして歌う時はマスクをつけて 飛沫感染を予防することカラオケ店側ではこの2点をお客さんにお願いをし 入店時には手洗いうがい、消毒をするように 配慮している。

歌うときはマスク着用

そして 飛沫感染 を予防する対策として カラオケを楽しむ時歌う時は マスクの着用をして 飛沫を防止する!

三密防止の換気とマイクシールド

あとは店内は三密の状態の 密接
密集

密閉

の防止で換気とマイクシールドという飛沫対策も無料で行い、来店客を待っているのです。

あとは、喫煙ルームは人数制限をおこない2人までにしたり、営業時間を短縮する措置を行っている。

入出店時のうがい手洗い消毒

店舗に入るときと出るときの消毒とうがいは必ず行ったのは当然でマイクの除菌まやマイクの着用は守っていただきたい。