クリスタルガイザーとは

クリスタルガイザーはアメリカのミネラルウォーターです。
カリフォルニア州にあるシャスタとオランチャが採水地です。

軟水なので飲みやすくてコスパも良くて通販でも人気のミネラルウォーターです。

種類は310ml 500ml 500ml
硬度が120mg/L未満の水は軟水と言います。
クリスタルガイザーは日本人によく飲まれていて通販でも良い軟水で水道の水よりも硬度が小さいので飲みやすいです。

シャスタ産の硬度(1L当たり)   38mg/Lオランチャ産の硬度(1L当たり)  67mg/L

シャスタ産とオランチャ産の違い

クリスタルガイザーは採水地が2ヵ所あります。
同じクリスタルガイザーでもその区別の方法を紹介します。

シャスタ産はラベルの山が少ない

正規輸入品ではカタカナの表示がありますが、並行輸入品にはカタカナの表示はありませんので確実なのはラベルの中の山脈の山が3つなのが、シャスタ産
と覚えておくと良いでしょう。

のがこのようなデザインがシャスタ産でキャップは青色です。また、クリスタルガイザーとカタカナで表示しています。

マウントシャスタの湧き水をボトリングしています!

オランチャ産はラベルの山が多い

オランチャ産は山の数がたくさん描かれていてカタカナの表示はありません!
並行輸入品はオランチャ産とシャスタ産の両方があります。

キャップの色は白色です。
オランチャやま山の湧き水をボトリングしています。

ただし、並行輸入品だとカタカナの表示はありませんから、山の数が多いのがオランチャ産と覚えておくのが、一番確実てす。

この形、カタカナの表示はありませんので山の数が少ないのがシャスタ産と覚えておくのが確実です。

クリスタルガイザーはコスパが良いし、人気でアマゾンや楽天でも人気が高いミネラルウォーターです。

 

 

何が危険なの?真相は?

クリスタルガイザーは日本人にピッタリの飲みやすい軟水ですけど、危険というキーワードがでてきますので調べたら微量のヒ素がオランチャ産の水に含まれているということでした。

日本では厚生労働省が公表している水道の水質基準値は0.01mg/Lと明記されています。
それに対して、オランチャ産のクリスタルガイザーに含まれるヒ素の量は0~0.0030㎎/Lと全く問題はないといえます。

成分表にヒ素の明記があるか確認しても明記されてなかったです。

はある?

水質基準に問題

オランチャ産でも大丈夫?

悪い口コミや評判

まとめ

オランチャ産でも大丈夫です!その理由は基準値よりもグンと少ない含有量だからです。

水質基準には合格しています。