鬼滅の刃の鬼舞辻無惨の名前の由来は?人間だった頃と鬼になった理由は?

鬼舞辻無惨の名前の由来

鬼滅の刃では炭治郎が禰豆子が鬼になったあと、人間に戻したいので鬼の一番のボスである鬼舞辻無惨を倒すために鬼殺隊に加わり次々と鬼を倒していくのてすが、命を何度も無くしかけながらの死闘を繰り返してきます。
今回は鬼舞辻無惨の名前の由来や子供の名前についても、考察していきます!

鬼舞辻無惨の名前の由来とは?

鬼舞辻無惨の名前は由来については
語呂合わせという声があります。

てことだが、元々鬼舞辻無惨は平安時代の約1000年前に産屋敷家で育っていて、名字が3文字だったことと!

鬼舞辻の由来

鬼舞辻 無惨の名前は
やはり、鬼の総大将なので、鬼は一番最初にくるとします。

そして、鬼を舞台にすれば、辻褄が合う!

てことで、鬼舞辻(きぶつじ)

無惨の由来

無惨の性格が薄情で残酷、無慈悲
そして、性格が問答無用、無茶苦茶な「無」
残酷で残忍な、残 でなくて惨めな「惨」
で無惨というのが名前の由来です!

そして、血筋では関係の深いのは、同じ血筋の産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)と鬼殺隊のお館様の名前が思い浮かびます!

産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨で同じ5文字だし、読者に覚えやすい馴染みやすいと思います。

無惨の違う呼び方は

鬼舞辻無惨は男女問わずいろんな人に変装していますが、すらりとしたいい感じの男性紳士の「月彦」つきひこで登場しますけど、

仲間の鬼も構わず処刑してしまう怖い着物を着た女性の姿で悪役そのものという悪女になってみたり、

少年の男の子の姿「俊國」としくにになってみたり、自由気ままに姿を変えています。

妻や子供も一緒にいる

炭治郎が浅草で初めて鬼舞辻無惨と遭遇したとき、一緒にいたのが、奥さんと子供を抱っこしてた子は本当に無惨の子供なのか?

 

無惨の技は計り知れなくて人間を騙すことは簡単にできるでしょう。

おそらく、本当の旦那さんを殺して無惨が刷り変わって騙しているのでしょう。

奥さんや子供は無惨の言いなりで、
イエスしか言えなくしてあるのでしょう!

 

いともも簡単なことでしょう!

無惨が人間から鬼になった時

時は平安時代、無惨は人間の頃、体がとても弱くて子供のときから病弱で二十歳までに死ぬと言われていた。

医師が処方する新薬を飲んでたのだが、思うように病気が改善されないことに腹をたててその医師を刃物で殺害してしまいました!

しかし、薬は効いていて、強い肉体を手に入れることができたが、人を食わないと生きていけない。
太陽の日差しを浴びると死んでしまう。
鬼に変貌してしまいました!

医者は新薬の効果を期待していたのですが、まさか、鬼になるなんて

治療ということですが、逆にその医者が無惨を、鬼にしたという考え方も言えますね。

医者は新薬を試しながら無惨に薬を処方したのでした。

まさか、鬼になるなんて考えもしなかったんでしょうか?
聞こうにも殺されてしまったので真相はわかりません!

鬼舞辻無惨の血液

鬼舞辻無惨は自分の血を人に与えて鬼にしてしまう能力がある!

鬼にも自分の血を与えてより強い鬼にすることが、可能です!

そして、用心深くて手下の鬼に自分の名前を人間の前で言わないよう、呪いをかけていて、一言でも言葉に出すと体が崩壊してしまいます!