コロナ給付金30万円は非課税世帯のみ?申請から受給までのながれは?

新型コロナで減給

新型コロナで職場の状態が最悪な状態になっていて、休日を言い渡されて収入がなくなってしまってハローワークに仕事を探しに行ってる人が増えています!

アルバイトでもなんでもと必死に職場を求めて探し歩いてる人は死活問題ですよね!

これから、全く油断できない!
大変な事態になっていて、これがいつまで続くのか?
ほんとに不安ですね。

クラスター感染やオーバシュートが起こらないよう最大限の予防が肝心です。

コロナ経済支援対策30万円支給!

政府の対応として安部総理から初めは全国民に現金を10万円支給する対応が公表されたのですが、自民公明は富裕層は除外してとか、高速道路の割引や商品券の発行、児童手当の増額など、もたもたしていますね!

2020年4月3日緊急ニュースでは
安部総理は
非課税世帯に30万円支給することを
答えてくれました!
しかし、いざ現金給付となると、かなり問題があるのだ!ざっと考えただけでも3つの問題がある!

1 対象者に該当するのがどんな人なのか?

2 支給までなのタイムロスが大きすぎて
間に合わない!

3 申請から受給までに相当な時間と労力がかかり、緊急でなくなる!

現金給付30万円の対象者がわからない!?

ます、どんな人が現金給付30万円が受けられるのか?ということですが、
これを把握するのに相当な時間がかかるはず!

「世帯主の月収がコロナ発生前より減少した低所得者世帯と、半分以上減った高所得者を除く世帯」

となっているが、どうやってこれを把握するのか?

今年2~6月のいずれかの月収で判断する

とか目茶苦茶難しいのです。

手続きがややこしくて問題!

現金給付金を受給するには決められた手続きが必要なのだ。

「遅い」「手間がかかる」「対象範囲がわかりにくい」という3つの大きな問題
過去の場合消費税か値上げしたとき5%から8%になったときは非課税世帯に給付金を支給しています。

このときと同様にまずは、一番困窮している世帯に1日も早く現金を口座振り込みすれば、済むはず!
何をノロノロやってるのだ!
国民が餓死してしまうぞ!

何のためにマイナンバーカード
作ったのだ! と言いたい!

政府の対応が遅すぎ国民の怒りの声


政府は緊急事態なのに、金があるくせにケチってる!
財務省が出し渋るから遅いのだという声がありますが安部総理にぜひ質問したい!

日本は海外の支給方法を学べ

欧米では国民が申請なんかしなくても、個人番号で給料とか年収が事前に把握されており、給料がいくら振り込まれているのか?市役所側で把握されており、困窮者には、すうじ

支給方法はマイナンバー

現在、各自治体ではマイナンバーカードを作成していますから、それを見せれば

個人の特定ができるので、区役所や市役所で確認してもらう方法がスムーズです。

支給日はいつ?

安部総理の話では、緊急ということなのですが、言うだけで7月だということで遅すぎて死者が出たり、暴動が起きてしまう!
政府は国民助ける気がないのか!
と言いたいです!

非課税世帯だけでなく!

とりあえず非課税世帯や年金生活者、生活保護世帯とか、お金のない本当に困っている家庭を最優先にまずは、手続きなど無しにして30万円を口座振り込みしてほしいです!

4月中には現金給付してほしいと国民の皆さんは言うまでもなく思っているに違いない!

また、非課税世帯だけでなくて、減給して生活費に困っている方が救済してあげないと、

本当に強盗や暴動が増えてしまうので政府はもっと、社会全体を把握してもらう必要があります。

安部さん!現金給付日を今すぐ見直して!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。