海老名の公園で滑り台にカッターナイフ!犯人像と罪名や罰金は?
  • 海老名市の東柏台近隣公園で、1月24日10:00頃に滑り台にカッターナイフが上向きで刺してあった

ということです!

悪質ないたずらで、 利用する子どもや保護者にとっては怖くてとても気味が悪い事件だ。安全確認を毎日朝8時にしているのです!

再発防止や予防と対策、また、犯人像についても考察してみました。

東柏ケ谷近隣公園でカッターの刃

子供たちの楽しい遊び場所である東柏台近隣公園の滑り台の最上部にカッターナイフの刃が上向きで刺してあるのが見つかったのです!

 

警察がカッターナイフの指紋を確認したが手がかりは見つからなかったということです!

理由と目的について

悪質な悪戯だということですが、目的はやはり弱い子供をいじめて傷つけてやろうと言う ストレス発散なのでしょうか。

また、原因については例えば何かに失敗してむしゃくしゃしてやったのであれ

ば、大学や高校受験に思うように点数が取れなかったとか、就職先が見つからな

くて腹いせにイタズラするとかイライラがたまっての行為だと考えられる。

または自分がいじめられているから、反射的に自分よりも弱い幼児をいじめることで復習をしているとも考えられる。

考えられる犯人像は?

上記の原因や目的から考えられる犯人像なのですが、

  1. 浪人生
  2. 高校生
  3. 中学生
  4. 小学生

その他、リストラや病気で就労が困難な人、不満でいっぱいという人物が考えられるのです。

法的にどんな罪

もしも、子供たちのなかで怪我をしたとなれば傷害事件となります。

傷害罪となるでしょう。
法的にどんな処罰が課せられるかというと、

15年以下の懲役又は50万円以下の罰金といわれます!

予防と対策は?

今後は公園の遊具であそばせる場合、安全確認が必須です!

また、防犯パトロールや防犯カメラで不審な人物の監視強化が重要になります。

住民の反応

我が子が怪我でもしたら、犯人目茶苦茶憎むことだろう!

子供を滑り台に安心して乗せてあげられないなんて、困ります‼️

許せない行為だ!

まとめ

公園の滑り台でカッターナイフが上向きで設置され、楽しい公園が悪質ないたずらで閑散としている事態になっているが、犯人の手がかりは見つかっていない。
防犯パトロールや毎朝の遊具の安全チェックをしている!

早急に安全確保を行い犯人が1日も早く逮捕されることを願うばかりである。