小学校のお道具箱

子供の成長は早いもので年長さんになってお正月が終わるとあっという間に小学校の入学準備となり、お母さんは忙しくなります。
小学生の持ち物で欠かせないのがお道具箱ですね。

他にもピカピカの一年生は制服やランドセルなどいろいろありますね。

私が小学生の時は紙製(硬めのポール紙) のお道具箱でした。
お母さんの時代はいかがでしたか?

うちの子は見ているとみんなプラスチック製でした。
学校指定で紙製というところもありますが、紙製のお道具箱は少なくなっています。

6年間使うとなると特に男の子は紙製だと傷んで使えなくなってしまう子が多いようです。

小学校の教室で机にお道具箱を入れるのですが

使い方がこちらです。

このように机に入れて必要なものを

手前に引き出して取り出すように使うのです。これが毎日毎日続くので紙製のおどうぐ箱だと四隅から傷んできてしまいます。3年生くらいから壊れだすようです。

 

紙製でも先生おすすめのボール紙製のお道具箱があるのですがどんな工夫がされているのかというと、子供が引き出すための穴があけてあるので大事に使えば6年間使うことができるのっです。

 

 

しかし、近年は小学生が使うお道具箱は紙製に変わってプラスチック製が多くなっています。
耐久性が悪かったということなんですよね?

では、プラスチック製のお道具箱のメリットを紹介すると、

プラスチック製のお道具箱のメリット

それではどうしてお道具箱の材質が紙製からプラスチック製になったのか?

 

丈夫で長持ち

紙製だと子供が毎日机から 引っ張り出したり入れたりその繰り返しなんで 紙製だと四隅が傷んでくるわけです。

その点プラスチックは丈夫で長く使えます。

フタがきちんと閉まる

紙製のお道具箱はフタを被せるだけですが、
その点プラスチック製のお道具箱だとパチンと止めることができます。

中身が整理しやすい

プラスチック製のお道具箱は中味の仕分けができる仕切り板も入っているので子供にとっては細かいものを整理しやすくて使いやすいです。最近は持ち手のついているタイプもあります>

以上がプラスチックのお道具箱に変わってきた理由です。

さらに、今おすすめのプラスチック製のお道具箱は透明で中身が見えるのでとても便利だと思います。
色も水色に近い色なのでお勧めですよ。これです!

お道具箱の中身は何を入れる?

お道具箱の中身は新一年生の場合、

クレパス、のり、セロテープ、はさみ、色えんぴつ、ホッチキス

など学年が上がると中身も変わっていきますね。

まとめ

小学生のお道具箱は紙製からプラスチック製に変わりつつあるようです。

ただ、紙製でも6年間使えるという先生がお勧めするお道具箱も発売されています。

 

現在は小学生が使うお道具箱はプラスチック製が多くなりました。

サイズはA4サイズです。

色は水色が良く売れているようです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。