アーモンドチョコは明治

「チョコレートは明治」というコマーシャルがありますが
昔からこのアーモンドチョコレートは誰でもおなじみだと思います。私も子供のころから、見慣れたチョコレートで、アーモンドチョコレートの定番ですね。

 

DSC_0063

食べやすさでいえば、チョコレート1つ1つが紙に包んでいないのでゴミも出ないし、持ち運びも便利です。

鞄の中に入れておいていつでもどこでも食べたい時に取り出してポイと通勤や通学の電車内でも、食べたいときに、口の中に入れれば良いのでとても私は気に入っています。

ただついつい、美味しいのでひと1つまた1つと食べ過ぎてしまって甘いもの控えないといけない人には

気をつけていただきたいものです。
種類も色々あるんだけどブラックとかもいいですが、

やっぱりこの赤箱が大好きです。

ギザギザの紙は何のため?

中を開けると分かるんですが、茶色のギザギザの紙があります。よく見るとカカオの実がデザインされてあます。段ボールのような形状ですね。

何のためにあるのか考えてみたんですが、チョコレートは、温度28°で溶け出してしまいますので、箱の中でチョコレートがくっつか

ないように特殊なギザギザの色紙で 空気の層を作り、熱が伝わりにくい工夫がしてあると思います。

 

たぶん明治さんもそのつもりで作っていると思うんです。

 

なるほど、そう言われてみるとその通りですね。

賢い捨て方は?

アーモンドチョコレートは美味しく食べた後、こうやっで
四つ折りにしてビニールに入れればかさばらなくてゴミもコンパクトになります。

ゴミ箱がかさばらないからゴミ袋の節約につながります。
お菓子の箱はこうやって小さくたたんで付属の袋に入れれば節約にも繋がるんですね。

 

値段が安いのはどこ

アーモンドチョコレートはどこで買えば一番安いのか、
お店で買うのかそれともネットで買うのか?

色々と調べてみました。

まとめ