大相撲の玉鷲一朗の性格がかわいいしお菓子も作る! wikiと手芸作品紹介

大相撲の玉鷲一朗の個性的なデビュー

大相撲の玉鷲一朗(たまわし いちろう)は元々はモンゴルでホテルマンを目指して勉強していたのですが、体が大きいので相撲をやってみたくなったのが角界入門のきっかけだったのでした。

それまでは全く相撲の経験がなかったのですが、相撲をしたくなって東大の大学院に留学していた姉を頼りに来日しました。

玉鷲は他の力士と異なりモンゴル相撲でさえ経験がなかったのですが、思い立ったら吉日で姉と東京の両国に行き、たまたま出会った力士について行き同じモンゴル出身の鶴竜(かくりゅう)と出会い
元旭鷲山関の連絡先を教えてもらい、片男波部屋(かたおなみべや)に2004年1月に入門することになりました。現在は幕内最年長の36歳の玉鷲ですが師匠に「まわしを取るな」と言われて得意の突き押しは先代片男波親方(元関脇玉ノ富士)の教えを守り続けているのです。

このように、個性的なデビューをしたのですが、性格がとてもかわいくてお菓子を作ったり手芸が得意なので他の力士とかなり大きく違う特技があるのです。

そんな玉鷲一朗のかわいい性格や趣味のお菓子作りや手芸について、wikiプロフィールも紹介していきます。

玉鷲はお菓子も作るかわいい性格

玉鷲の性格は女子力が高くて優しいことですね!
女子力とは一般に世間的に女性に求められる理想像、女性らしさということです。

玉鷲の性格は手先がとても器用で細かい料理や裁縫や刺繍ということなので女の子が好むコツコツと気の長い性格で根気があるんでしょうね。相撲では真面目にコツコツと稽古に励み辛抱強いということなんでしょう。

お酒も飲み会に誘われれば行きますが自分から誘うようなことはなくてどちらかというと、おとなしい性格なんです。

でも、例外として2011年初場所の千秋楽の1月23日の深夜、千秋楽の打ち上げの時は酒に泥酔してお店のガラスをうっかり割ってしまって片男波親方と店にお詫びに来て謝罪し、右腕も負傷し無期限の謹慎処分を受けたこともありました!

モンゴル出身の力士はゴルフが好きですが玉鷲は積極的な方ではなくて腕前は下手な方です。

でもプラモデルを作ることが好きだったりコツコツと細かいことを続けていくことができる繊細な性格でもあるのです。

最近では洋菓子作りや手芸が得意で見かけとは全く違うのです。
通常、お相撲さんといえば身体が大きくて力もちというイメージなのでちゃんこは作ると思うのですが手先はあまり器用ではないだろうと思いがちなのですが玉鷲の趣味には驚くしかありません。

お菓子やマスコットなどを作れるなんてすごいことだし、かわいい性格なんですね。

玉鷲のお菓子や手芸は鶴竜も大絶賛でプロ並み

玉鷲は同じモンゴル出身の鶴竜親方とは独身時代から仲良しで玉鷲のお菓子作りや料理には次のように高い評価をしているのです。

「女子力がハンパないですね」

「料理は上手ですね。お互いにまだ独身の時に作ってもらって、何回も食べました」「全部美味いです。何でも作れるのがすごい」

と大絶賛しているんです。
お菓子を作るのは玉鷲関のおじいさんの影響なんだそうですので子供の頃にはきっとおじいさんに
お菓子をたくさん作ってもらったことでしょう。

そして玉鷲関は周りの人を喜ばせたいからクッキーや手芸をするんだそうでとても素晴らしい趣味ですね。


手芸は行きつけのお店があり大阪阿倍野の「ABCクラフト」に行くと自分のマスコットを生地や糸から選んで45分でささっと作ってしまう腕前だからすごいんです。とても、現役の関取とは思えないような繊細な神経の持ち主だと思いますね!

「ハワイアンキルトのクッションを作ったり、長男の服も作るよ」と

玉鷲は語っていたのでもうびっくりで料理も手芸も腕前はプロ並み?ていうほどですね。

玉鷲は形に残るものを作るのが好きで買うよりも作るのが好きなんです。
お菓子作りや手芸は玉鷲の性格にはピッタリの趣味だと言えます。

そして、モンゴルでは食料技術大学で料理のことも勉強していた経験があったことも
お菓子を作るのが上手な理由でしょう。

フジテレビ アウトデラックス出演

玉鷲の大好きなハート型のクッキーがいよいよテレビにて放送されたのは2015年1月29日放送の
フジテレビのアウトデラックスでした。

玉鷲のハート型のクッキーが絵が大好き

玉鷲はハート型が大好きで街でハートの形を見かけると写真を撮って奥さんにも見せるんだとか。
クッキーや絵にもハート型が使われているのです。玉鷲関曰く
「人間は、ハートでしょ。頭より、体より、ハート!生きていくには、熱いハートが大事!」

これはフジテレビ 『アウト×デラックス』に出演したときにマツコにお土産で持参したクッキーです。3種類のハート型のクッキーが素敵ですね。

両親が仕事で夜遅くまで働いていたのがきっかけで料理をするようになったのがはじまりでした。
子供の頃の生活の一部分がこのような素晴らしい作品の元だったんですね。

玉鷲のwikiプロフィール

玉鷲一朗は初土俵からいままで1度も休場したことかないのも素晴らしい記録保持者だと思います。かわいい性格ては別物の突き押しは玉鷲関の真骨頂だといえますね。

引用元:
所属部屋 片男波
本名 バトジャルガル・ムンフオリギル  
しこ名履歴 玉鷲
番付 前頭十枚目
生年月日 昭和59年11月16日
出身地 モンゴル・ウランバートル
身長 190.0cm
体重 173.0kg
得意技 押し

大相撲の玉鷲の国籍と出身地

玉鷲の国籍はモンゴル人民共和国で出身地はウランバートル市です。

玉鷲と家族

玉鷲の父親はバトジャルガルさん、母親はツェンドスレンさん
お姉さんはムンフズルさんでこれが2019年1月場所で初優勝したときの家族との
写真です。大泣きしているのは長男のテルムン君です。

引用元:https://www.sponichi.co.jp

奧さんはモンゴル人でモデルの仕事をしていた女性でエルデネビレグさんですがとても美しい方ですね。

引用元;https://trend-movie.com/archives/2385

子供さんですが、平成28年4月に長男・テルムン君が生まれています。
「広い、晴れた日、輝く」という思いが込められています。

平成31年1月27日、玉鷲関が幕内優勝を決めたその日に次男が誕生しているなんて一生忘れない記念日に誕生したんですね。次男は「エレムン」くんという名前で、モンゴル語では「力と心の強さ」という意味なんです。

玉鷲の姉は東京大学

玉鷲の姉はムンフズルさんといい、お姉さんが最初に日本に来ていて東京大学の大学院に留学していたんです。

モンゴルの大統領府高官を務め、国立モンゴル大学と日本大学の間で地球温暖化などに対する研究をされていたお方で超エリートです。

玉鷲の手芸作品

先にも述べたように、玉鷲の趣味は女子力が高くて料理だけでなく手芸の腕前も女性に負けないくらい上手で クオリテが高いのでお相撲さんが作ったなんて思えない作品なので紹介します。


引用元:https://news.line.me

生地や素材選びから作るのが好きなんでお決まりの手芸店もあるほどで大きな体には似合わないかわいらしい性格なんですが、相撲となると一変して突き押しが得意な個性的な関取なので女性に人気なんです。

このようにおもちゃまで手芸で作ってしまうなんて素晴らしいお父さんでお子さんも嬉しいしお母さんも子供大好きなパパなので子育ても助かりますよね。

玉鷲が手芸が好きな理由

手芸作品が趣味の域を超えている玉鷲ですがどうして手芸が好きなのか?
というと、その理由は

  1. 相撲のことで悩んでいることを忘れて夢中になれる
  2. 集中力が養うことができる
  3. 気晴らしになってストレス解消になる

ということで相撲の役に立っているだけでなく家族にとっても手作りの作品と愛情が
込められたこのようなベッドカバーは世界に一つしかない貴重な手芸作品なのです。

引用元:https://sumo-sekai.com/rikishi/1409/

まとめ

玉鷲のかわいい性格はベビーフェイスからも感じますが手先がとても器用で大きな体と大きな手からは想像できないお菓子作りや手芸作品の腕前はプロフェッショナルに値します。

子供さんも奥さんもとても幸せですね!

最年長の玉鷲関の今後の活躍も楽しみです!
最後までお読みくださいましてありがとうございます!