つまらない忘年会は行きたくないから上手い言い訳は?新卒でカラオケは辛い!

Pocket

はじめに

毎年、12月になると職場では恒例の忘年会の時期になると思いますが、
お酒の席が好きな人は良いですが、お酒が飲めない人にとっては
これくらいつまらない行事はないでしょう。

特に新卒で入社したばかりの新入社員にとっては周囲の人に
気を使って精神的に気疲れして辛いという方もいることでしょう。

今年の忘年会は何とかお断りたいと思う方もいらっしゃると思います。

そこで、このたびは上司に上手く言い訳する方法を紹介いたします。

忘年会はつまらない

基本的に忘年会とは日頃の仕事の疲れヲ癒すための慰労会なのですが、
お酒が飲めない人にとってははっきりいってつまらないものなんです。

自分は飲めないのに上司から無理に飲まされることもあるので余計嫌になりますね。
実は私もそういう経験があって嫌な思いをしたことがあるのでそんな経験は誰にも
させたくはありません。

楽しいのはオヤジだけ

楽しんでいるのは管理職の人たちでいわゆるおじさんと言われる人たちで新卒の若手社員は
まだ社内の事もよく知らないし、自分よりも年上の人の中には話が合わなくて何を
話せばいいのかわからなくて居ずらいこともあるでしょう。

 

特にお酒が入るとおやじたちは、酔っぱらって周りの誰かにからんできますから迷惑ですね。

おじさんが好きなのはやはり少しHな話ですよね。

宴会時間がそろそろ終わるころになっても誰かをつかまえて仕事が遅いとか
態度が悪いとか自分のことは置いといて人の欠点をいうのです。

そしてあの人がどうだとかこうだとか今度は愚痴をいいだします。

そうして今度は二次会に行こうとか言い出して若い男性社員に付きそわせます。
断ろうとすると、「付き合いが悪い」とか言われるしいやもう大変でしょう。

私は「もう、終電が出てしまいます。」といってようやく帰ってきたこともありました。

忘年会に行きたくないtweet

このように忘年会には行きたくない声がネットでもたくさん届いています。

新卒の新入社員はカラオケが辛い

忘年会も二次会になると人の地金が完全に出てきますね。
日頃はあまり会話も少ないけれど親しくお話ができて良い機会だと
思っていても、見たくないところを見せられてがっかりしたこともあります。

特に若い新入社員は上司のいうことには逆らえないので言われたい放題です。
タバコを買いにいかされたり、肩を揉まされたり、パワハラかと思ってしまいそうです。

あとは学生時代はどうだったかとか、成績はどうだとか彼女はいるの?とか
いないとかプライベートなこともバンバン聞いてくるのがいやなんですよね。

また、カラオケに行けば、歌わされたり、聞かされたりと
自分が知らない歌だと「何で知らないの?」と言われるし、歌詞も知らない
のに歌うのは辛いですよね。

そんなこんなでもうコリゴリなんです。、

忘年会の上手に断る言い訳とは

いかがですか、皆さん本当にたくさんの方が職場の忘年会には行きたくないんですね。

それではそんな行きたくない忘年会をどうやって断ればいいのでしょう。

上手に断わるいくつかの言い訳を紹介します。
とにかく相手が納得してくれることが重要なので相手がどう思うかを
考えてからいうといいですね、

体の調子が朝から悪いという言い訳

、まず、自分の体の不調を訴える言い方です。

「せっかく楽しみにしていていたけれどどうも気持ち悪くて食欲がなくて
朝からもどして昼も食べてないのです。」この日は本当に昼食を抜くことで

本当だということを認めさせることが大事です。

このように言えば「仕方がない、じゃあ、また今度ね。」ということになるでしょう。

家族が調子が悪くて

結婚している人は奥さんや旦那さん、子供の不調を言うとよいですね。

例えば、男性なら、「妻のつわりがひどくて今寝ているので家事を
手伝ってあげないといけないし、子供の食事や入浴など自分がやらないと
いけないし大変なのです。」

と言えば「大事にしてあげてね。、早く帰ってあげなさい」ということになるでしょう。

親が入院してて世話があるから

独身の方はやはり両親が不調であることですね

自分がいないと困るんですという言い方が相手が納得してくれるでしょう。

例えば「父親が今胃潰瘍で入院していて着替えを届けてあげたり
いるものを買いに行かないといけないのです。母は運転ができないのでどうしても
私が行かないといけないのです。」

と言えば、

「ああそう、じゃあ、お大事にね、早く行ってあげて」
と言ってくれるでしょう。

急に行きたくなくなった時

「親戚の不幸ができて親と行かないといけないのです。」と言えば

「それは大変だね。じゃあ、気をつけてね」と
言われると思います。

このように言い方をよく考えて自分が行かないといけないのでということを
了解してもらうことが大切です。

自分がこう言われたら納得できるなあと相手の立場になってみると
わかりやすいですね。

まとめ

このように会社の忘年会は楽しくない人がたくさんいるのですがなかなかなくなりませんね。
はっきりと行きたくないというと自分の評価が下がるので無下に断るのは控えたほうが良いです。

会社の人には「それなら仕方がないね」と思っていただけるように
言い訳を考えればあなたが損することなく行きたくない忘年会を上手にお断りできます。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です