鉄道自殺はどうすればなくせるのか?原因と今の日本政府の対策は?

鉄道自殺の原因は1位が健康問題

鉄道自殺をする人は半数が無職の人が占めている。あとはサラリーマンが3割

1割の人が学生であることも分かった。

原因を調べてみると、

1位 病気や精神疾患

  うつ病、統合失調症、

2位 勤務問題 職場の人間関係

3位 いじめや就職失敗

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-41

 

 

 

http://ameblo.jp/sasurai-museum/entry-10154937648.html

 

2005年から10年間で自殺が多かった」駅

2005年度から2014年度までの10年間で、未遂を含む自殺件数が80件以上となった全国22路線(首都圏15路線、首都圏以外7路線)の状況を集計したところ、首都圏15路線の人身事故は10年間で3145件。そのうちの63%に相当する1985件が鉄道自殺だった。人身事故のたびに帰宅や仕事の邪魔をされるのも

大迷惑な話だと同情する人も少ないのが現状だ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-42

 

日本政府が今している対策とは?

山手線は全部で29か所の駅があるが23の駅にはホームドアが

設置されているのだが、最初は2010年6月に恵比寿駅に設置されて

いるが2013年からほとんどの駅に設置されて以来人身事故は1件も

起きていないのでできる駅には極力設置していくべきだと思う

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です