熊田曜子が子連れで児童館入れない理由は?墨田区の児童館に聞いてみた!

熊田曜子が子供連れで入館拒否される

 

美しいママさんタレントの熊田曜子(36)が墨田区の児童館に一人は背中におんぶしてあと2人手をつないで3人の子供を連れて入ろうとしたら親子で入れるのは二人までですと言われて入館を拒否されてしまい、困惑したということですが、この件についてネットでママさんの理由が気になるという声が多いので調べてみることにしました。

墨田区の児童館にさっそくメールして聞いてみることにいたしました。

現在返事待ちなので自分の思いとネットでの反応を紹介していきます。

熊田さんの思いに共感する声が続出!

現在、少子化と言われる中熊田さんのように3人もの子供を抱えて大変な中、子供を連れての来館はとても楽しみにされていたのだと思います。

「おんぶをしていてなぜ?」と紺淡くする気持ちもわかる気がしますが、ネットの声も調べてみました。

子育て中の親御さんにとっては放置できないこのニュースに同感するのか、それとも児童館の意見に合わせるべきなのか?

あなたはどう思いおますか?

 

 

墨田区の児童館に入れなかったことに対してのネットの反応

 

ホームページに記載されていた

熊田曜子さんが子供と行こうとしていた児童館は「東向島児童館分館」というところでそこのホームページをよく見るとご利用にあたってというところには1枚の券で子供が二人までは利用可能だということが書いてありました。

http://r.goope.jp/kiramuko-bunkan/free/goriyouniatatte

このようにホームページを見るときちんと書かれてありましたのでいくら熊田さんが文句を言っても入館できないわけですね。

 

まとめと考察

3人も子供を連れてきて子供たちと遊びたいという熊田さんの気持ちはとてもよくわかる気がします。

5歳や3歳、そして乳飲み子を抱えての児童館、さぞかし楽しみにされていたことでしょう。

 

一見、子供は2人までしか入館できませんよと拒否する児童館は薄情な冷たいなあとしか思えません。

でもこの児童館にはほかの児童館にはない特殊なアスレチックがありまして特に小さな子供さんを連れての入館には児童館側も配慮しているようでせっかく遊びに来ていてケガをさせてはいけないという配慮からこのような制限を付けているとすればそれはテーマパークのディズニーランドやUSJなどアトラクションなどの年齢制限や身長制限と同じではないかと思うのです。

このようなこともあ互いに話し合えば熊田さんもその場で理解はできたかと思うのですが無下に拒否する職員に一言「すみませんね、こういう理由で入れないのです」と一言足りなかったのではないのかなあと思うのです。

あなたはどう思いますかコメントお待ちしております。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です