万波中正ドラフト2018で日ハムから4位指名評価は?横浜高校お気に入りか?

はじねに
万波中正選手が北海道日本ハムファイターズに4位指名されました。
横浜高校からは3年連続のドラフト指名される選手が誕生して母校野球部にも貢献している。

コンゴ出身の父親でハーフの万波中正選手のドラフト内容と評価を紹介します。

ドラフト会議10月25日

プロ野球のドラフト会議が2018年10月25日

開催日時:2018年10月25日

時間と場所:15:30 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール)

住所:東京都港区高輪3-13-1

横浜高校の万波中正がドラフト4位指名

日ハムは本命の根尾 昂の交渉権を逃したが、吉田、野村、柿木、万波、と成績よかったですね。

日ハムは横浜高校の万波中正外野手の交渉権を獲得しました。

この度のドラフトで日ハムはくじ運がよかったとみえて甲子園活躍したスター選手の
交渉権を獲得できて首脳陣も笑顔がこぼれることになったと思う。

ようやくスタートラインに立てたと監督と喜んで握手をしました。

画像

横浜高校は3年連続 日ハムは横浜好みか

万波中世の通う横浜高校は藤平尚真投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)、
増田珠選手(福岡ソフトバンクホークス)に続いて万波中世が日ハムということで
3年連続ドラフトで指名された結果となった。

実は日ハムは今までのドラフトで過去多くの横浜高校の選手を

万波中世選手の評価は

万波中世は父親がコンゴ出身でなんといっても身長が1m90cmで外野手であるが
ピッチャーとしても球速149キロという記録しているので育てかた次第では
将来、日ハムの主砲としても八役出来る素質があるはず、大いに期待できる
実力は秘めていると評価できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です