池田エライザが貧乏時代で新人の時の仕事や給料は?現在の年収と比較した!

池田エライザはフィリピンで生まれて福岡県で育っているハーフで母親がフィリピン人で歌手、父親が日本人ということです。

高校卒業と同時に雑誌「二コラ」のモデルとして2009年には二コラモデルオーディションでグランプリを獲得した。

池田依來沙というネームで専属モデルとして活動を開始している。
その後、雑誌CanCanの専属医モデルにもなり、名前がカタカナの「エライザ」に変更しています。

2011年には女優として映画「高校デビュー」でデビューしました。その後いろいろな映画にも出演して、2016年には小室哲哉のミュージックビデオ「FACE」では主演を演じたのです。

2018年にはNHKの音楽番組の『The Covers』の司会もにも挑戦しています。

そんな彼女が先日、新人の時の貧乏生活が映画『みんな!エスパーだよ!』の撮影している時で忘れられないということです。

この記事はその時のエライザさんの仕事や給料についてと現在の収入と比べるとどれくらい違うのかを調べてみました。

池田エライザのプロフィール

池田 依來沙(旧芸名)

ニックネーム:エライザ、エラちゃん

生年月日:1996年4月16日

血液型:B型

出身地:福岡県

身長:169cm

スリーサイズ:85 – 59 – 88 cm

職業:女優、

第13回ニコラモデルオーディショングランプリ[1] 『nicola』専属(2009年10月号 – 2013年5月号)
『CanCam』(2013年6月号 – 2018年3月号)

事務所:エヴァーグリーン・クリエイティブ

新人時代の仕事や給料について

二コラのモデルやCanCanのモデルの後に映画デビューしてからのころだということですが

エライザさんが新人の時の仕事や給料はいくらくらいなのでしょうか?

映画にも出たり雑誌の専属モデルをしていた時に一番貧乏だと言っているのですがどれくらいの給料だったんでしょうね。

ネットにもこのような声が出ていました。

『みんな!エスパーだよ!』のころというと、2015年9月4日公開ということだったので大体半年前には撮影が終わっていると思うのですが、大体の相場では1つの映画の出演料というのは普通の芸能人では300万円ということなので、もしもこの年の仕事がこれ1本となるときついかと思うんですが、まあ御金の使い方なんでしょうか?

またエライザさんは2014年には、クラウドファンディングというシステムを使い、280万円の
資金を調達して自分のモデルブックを出版していてその本も売り切れで大好評だったはず、

なのにお金が残らないような使い道があったのでしょう。

『みんな!エスパーだよ!』のクランクインを調べてみたら、エライザさんの
ブログには2015-05-01 21:40:59の記事には

来週からからクランクインと書かれておりました。

こちらです

引用

私は来週クランクインです。
クランクイン。私にはまだすこし
慣れない言葉。
慣れないけれど、向上心をくすぐる言葉。
映像のお仕事をするのか。と不思議な感覚になります。
改めて自分が初心者であることを痛感。
頑張る!ってなにをがんばるんだ!
それすらもわからない無知な私ですが、無知なりに、新たな場でより多くのことを得てくるつもりです。

応援、よろしくお願いします!

ここまで

どうやら池田エライザで検索すると
Twitterが先に出てくるようで
ブログもいつもよりはマメにただゆる~く更新します。

貧乏時代と現在の年収を比べたら

現在の仕事はNHKの音楽番組の司会や映画で主演を演技するなど
活動の範囲も広がっています。

2015年の年収が仮に300万円だとして現在の年収と比べてみましたが

現在の2018年の仕事は映画「ルームロンダリング」では主演

映画「億男」にも出演していますね。

モデル業と女優業を取り入れているので現在の年収は
1000万円以上は間違いないでしょう。

 

お芝居には命を削って打ち込んでいるというのできっともっともっと
活躍する女優になることでしょう。

ハーフだからこそ持っている独自の魅力を武器にますますステージを
あげていってもらいたいですね。

まとめ

中学生で二コラのモデルにトライして以来モデルになって
人気を集めてきたエライザさんですが新人の時には仕事が少なくて
毎日、食べていくのに悩んでいたというのですが誰も知らないところで
苦労していたんですね。

貧乏時代にカレーうどんが食べれなかったことを忘れないと語るエライザさん、
苦労したことを忘れないでこれからもどんどん上昇気流に乗って活躍していただきたいです。

今後ますます女優として映画やドラマに出演して高額所得者になっていかれることでしょう。
ガンバれーエラちゃん!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です