検察側の罪人で原田眞人監督の作品のこだわりとは?年齢と原作との違いは?

検察側の罪人が現在公開されておりますが原田眞人監督の
プロフィールやこだわりについて観た人の感想も見ながら
紹介していきます。

原田眞人 プロフィール

原田眞人(はらだまさと)

<p>生年月日

検察側の罪人 監督のこだわりとは

原田監督は現在69歳、この映画でのこだわりは現代社会の批判や
政権批判そして原作とは真逆の結末など観た人のコメント
から感じたことをまとめてみました。

ネットでの反応でこだわりを感じたものを揚げていきます。

また、ストーリーが複雑過ぎて2時間の映画が3時間にも
感じてしまうくらい内容にも監督のこだわりが現れているように感じますね。

結末が原作とは正反対他監督のこだわり

小説の結末と映画との違いは何かと言うと見た人の感想を見ると
わかるんですが全く正反対のようですね。
このあたりも監督のこだわりということでしょうか。

英語バージョンもある!

監督のこだわりの一つなのか、日本語字幕版も制作されているようですね。

海外の人にもこの映画を観てほしいという監督のこだわりがあって
英語版も作られたのでしょう。これもこだわりの一つですね

インパール作戦や政権批判

インパール作戦とは1944年昭和19年3月から7月にかけて日本陸軍が
インドのインパールを攻略しようと強行した作戦だが結果として
日本兵が大量に死亡して大失敗した作戦です。

史上最悪の作戦として現在でも無謀な作戦のことを指すのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です