賢い子供の母親はいつも笑顔?家庭の雰囲気と共通点を紹介

誰でも親なら子供を賢い素直な子供に育ってほしいと願っています。
この記事は賢い子供の母親の雰囲気や家庭での振る舞いや常に笑顔かなど共通点について紹介していますのでご参考になれば嬉しく思います。
ではどうぞ御覧ください。

親を見て子は育つ、胎教はその基本

賢い子供を育てるためには胎教が大切

昔から言われておりますが、「親の背を見て子は育つ」
語り継がれていますね。

動物でも生まれてから親の力なしでは絶対に生きていけませんね。
更に人間は赤ちゃんがお母さんのお腹から生まれてくる前、つまり

賢い子供を育てるためには母親の妊娠中の胎教が非常に重要なのです。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中で両親の声や周りの雰囲気を聞いて感じているのです。
例えば、家庭の雰囲気がガタガタ喧嘩が絶えないような状況だとするとお腹の赤ちゃんはびっくりしてしまうのです。

酷いと精神的に落ち着きのない気短な性格になってしまいます。
お母さんの状態がいつもニコニコして笑顔をいつも周囲に見せていることがとても赤ちゃんには安心できてすくすくと成長して明るい子供になってくれるのです。アルファ波という脳波が出て赤ちゃんの脳はとてもリラックスできるのです。

「お母さんのお腹にいるからそんなの関係ないでしょう?」って思うかもしれませんが非常に重要な期間ですので夫婦仲良くお母さんはイライラして怒り爆発なんてことのないようにしましょう。

両親の笑顔は一番大切

オギャーと生まれてからは育ててくれる人の顔色や言葉や仕草など子供は親を見て育っていくのですね。
子供の性格は妊娠中の胎教と3歳までの家庭環境でほぼ決まると言えます。
子供はいつも笑顔で優しい言葉と愛情に包まれて育つこと、即ち夫婦が仲良くて心から愛し合っている中では天才が育つとまで言われています。

 

その反対に家の中が冷たくて会話が少なくて夫婦の愛情がなくて口喧嘩が耐えないような家庭だと子供はビクビクしていないといけませんね。

酷くなると精神的にも弱くなり言葉も少なく、気性が荒くなるなど良くありません。
仕事や家事に追われて旦那さんのこともしてあげなくてはいけないお母さんですがこういうときほど夫婦が助け合って賢い子供を育てていきましょう。

赤ちゃんが生まれて3ヶ月位は3時間おきにおっぱいを与えてあげる必要がありますからお母さんの気分が休まる時がありませんね。

睡眠不足からストレスもピークに達して忙しさのあまりつい、旦那さんに文句を言ったり、些細なことで夫婦喧嘩が起きやすい時期と言えるでしょう。

お母さんの雰囲気や目上への態度が最重要

お母さんの態度で聞く力をつける

先程から申してきましたが親の背を見て子は育つと 言ってきましたがそれは言葉など全てにおいて子供のお手本は 親の姿でお母さんがお父さんにしている態度や言葉など 雰囲気を感じながら成長していきます。

一番のお手本はいつも一緒にいる母親ですね。 お母さんはお父さんの言うことを聞いているでしょうか?

お父さんの言うことやおじいさん、おばあさんの言うことにきちんと耳を傾けているでしょうか?

呼ばれたらすぐに返事をしてお父さんの言うことに合わせて要求を満たせてあげれているでしょうか?

食事を作るにもお父さんの好みや要求に合わせて作っていますか?

喜ばせているか?満足させているか? 家庭の中はお父さんの満足でいっぱいのくつろいでもらえる雰囲気になっているでしょうか?

目上の言うことに十分満足させていくことこそが大切です。 母親の父親への態度や雰囲気を自然に子供は吸収していくのです。

そうしていくうちに子供の性格が目上の人の言うことをきちんと聞く力が身についていくのです。

だから子供が学校で先生の言うことが100%よく聞いて理解できていけるようになっていくことによって 100点満点が取れるようになっていくのです。

もちろん家庭ではお父さんもお母さんも大好きで言うこともよく聞くし、お手伝いもしてくれます。

賢い子供の母親の共通点とは?

子供が将来一流大学に進学して立派な人になってほしいのなら、賢い子供に成長してほしいと願うのなら 目上の言うことを母親が手本になって聞いてあげることが大切ということです。

賢い子供を持つ母親の共通点は

  1. お母さんはお父さんの言うことを聞いている。
  2. お父さんに呼ばれたらすぐ返事をしている。
  3. 家庭の中が旦那さんを中心になっている。 
  4. お父さんはお母さんに満足している。
  5. 料理が上手で家族の好みを知ってて満足させている。

などと家庭の中が目上の旦那さんとお姑さんたちにとって 心地よい感謝と笑顔に満ちた家庭になれば自然と子供の 成績も上がり賢い子供に成長することができるのです。

まとめ

親を見て子は育つと言われるように子供の心は親の使う心に似ていきますね。

賢い子供を育てるのはお母さんの心がけが重要なのです。

親の言うことを「はい」と素直に聞くことができれば賢い子供になるのですがそこが難しいところなんですね。

親は子供のために一生懸命アドバイスをしても聞いてくれないことが多いですね。

そこをこうすればいいのです。

  1. 妻は夫に合わせて感謝していくこと。(子供が親を尊敬する)
  2. 子育てで忙しくても主人に呼ばれたらハイと返事する (子供の集中力を高める)
  3. 目上の人を喜ばせて心を満たすこと(子供から喜びが帰ってくる。)

子供は親の思う通りには育ちません。

親が目上の人にどうやって付き合っていくかによって子供が

賢い子になるかどうかに大きく関係があるのです。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です