累かさねの原作漫画と映画のあらすじは?ロケ地と撮影場所で川越市富士市千葉の情報も

はじめに

累 かさねは漫画家の松浦だるまの代表作連載コミックでこの度佐藤祐市監督に
より、実写映画化されて2018年9月7日に公開されます。

累-かさね-は土屋太鳳と芳根京子が初共演した映画で二人共NHKの朝の連ドラで
主演を演じた演技派女優なのです。

原作漫画と映画のあらすじとキャストそして埼玉県川越市、静岡県富士市、
千葉県などロケ地情報をまとめて紹介します。

累 かさねのあらすじとキャスト

<累 かさねのあらすじ>
映画「累 かさね」の内容は一言で言えば

生まれつき醜い顔の淵累(ふちかさね)と美しい美女の丹沢ニナの
美と演技力を求めてドロドロ絡み合った欲望を描かれている
ストーリーです。

累(かさね)は淵透世(ふち すけよ)という絶世の美女の娘なのです。
しかしお母さんとは程遠い醜い顔をした女で小学校では醜いと
いじめられて苦しい生活をしていました。

原作漫画でのあらすじ

 

学芸会でも西沢イチカがわざと晒し者にしたいので累に
シンデレラを演技させて恥をかかせようという企みを持っていた。

累は自分をいじめるイチカの顔2人派がきれいで欲しくなってしまうのです。

母親の淵透世(ふち すけよ)の形見の口紅を塗って自分が変わりたい
顔の女とキスをすると相手の顔といれかわることができるんです。

累はイチカの顔を奪いとって西沢イチカとして舞台に立ち、イチカは
醜い累の顔になってしまうのです。累(かさね)は言うことを聞かないと

このまま顔を返してやらないとイチカを脅かして学芸会でシンデレラを
演技することになったのです。

累は結果として西沢イチカの顔で名演技をして拍手喝采で大歓声を
受けることができました。

学芸会後に西沢イチカは屋上から転落死したら累は元の醜い顔に戻ってしまいました。

母親の幻が累に「醜いとすべてを失うから美しい顔を盗むように」
というものだった。

累は美しい誰かの顔を盗み取り母のような人生を送ることを決意した。

高校生でも累はいじめを受けていた。だれも友だちがいなかったときに
五十嵐幾(いがらし いく)は累の演劇の実力をわかってくれた。

舞台本番の日、題目は「銀河鉄道の夜」累は例の口紅を使い五十嵐幾を睡眠薬で
眠らせてキスをした。そうして彼女の顔を奪い取ったのでした。

累は五十嵐幾の顔で主役ジョバンニ役を演じたのでした。
結果は大歓声の中終了したのでした。

ここまでが原作漫画でのストーリーなんですが
映画のストーリーと違うところはあると思うんです。

映画 累 かさねのあらすじ

<羽生田と累画像>

淵累 (ふちかさね)は絶世の美女である母親、淵透世(ふちすみよ)
の娘なのだが醜い傷がある女なのでいじめとコンプレックスで悩んでました。

母親の13回忌のときに羽生田釿互という男から声をかけられます。
羽生田から母親と親しかったことや母の口紅の秘密も知っていてその口紅を
つけて自分の好きな顔の女性に口づけをするとその女性の顔が12時間自分の
顔になる。

ということでした。羽生田は丹沢ニナという美しい美女を紹介してくれました。
そしてニナは女優として演技ができない事情があり、累には抜群の演技力が
あるが醜い顔でそれが実現できないという事情を重ね合わせてお互いの
顔を取り替えれば女優として活躍できると持ちかけました。

ニナは累を見てバケモノだと言いますが、自分が女優の立場を持ち上げたい
ために累と顔の取替に承諾するのでした。

それがだんだんエスカレートして累とニナの関係が憎しみ合う状況に
なっていくのです。

映画 累 かさねのキャスト

土屋太鳳(丹沢ニナ役)

美しくて美貌に満ちた女性だが舞台女優では演技が目が出なかった。
累とは隠された秘密の約束をして累と顔を入れ替える。

芳根京子(淵累 ふちかさね)

自分の醜い顔に強いコンプレックスをもちいじめも受けてきた。
でもお母さんの持つ抜群の演技力を持っている。

横山裕(鳥合零太)
舞台演出家で累とニナが心惹かれていく

筒井真理子(淵峰世)累の叔母さんで累の母、透世の
遺産目的で累を引き取るが醜い累を嫌っている。

生田智子(丹沢紡美)
ニナの母親で演技の下手なニナの成功を影で
応援している。

村井國夫(富士原佳雄)
世界的に有名な演出家で淵透世や羽生田とは
古くから親しい仲である人物

壇れい(淵透世)
映画では故人であるが大女優で抜群の美貌と演技力で
観客を魅了した。累の母親

浅野忠信(羽生田釿互役)

累の母親の淵透世の世話になり口紅の秘密を知る男で
累とニナの二人を引き合わせた人物
母親の13回忌の日に累は羽生田釿互と出会うことになる。

累」原画展も映画公開に合わせて行われます。
会期:2018年10月5日(金)~10月21日(日)※木曜定休
時間:13:00~19:00
会場:画廊モモモグラ
入場料:無料

累 かさねのロケ地と撮影場所

累 かさね ロケ地は東京都内、埼玉県川越市、静岡県富士市
千葉県外房地域で撮影が行われました。
撮影期間は2017年8月の約1ヶ月でした。

芝居小屋 桜座 山梨甲府

桜座 詳細》
山梨県甲府市中央1−1−7
055-233-2031

累かさね公式ツイッターから、山梨県甲府市にある芝居小屋『桜座』での撮影が
行われたことが発表されました。

埼玉県川越市ウエスタ川越

静岡県富士市富士市文化会館ロゼシアター

静岡県富士市蓼原町1750
0545-60-2510

内房なぎさライン

海や寺やひまわり畑のロケ地はどこ?

祐天寺累塚

祐天寺累塚

まとめ

美しくなりたいという女の情念と女優として有名になりたいという名誉欲
を淵累(ふちかさね)と丹沢ニナの心情をこの映画では見事に表現して
いると思うのです。
取り上げられている戯曲

アントン・チェーホフの戯曲『かもめ』と
オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』は二人の立場や心情を
重ね合わせて表現しているのでピッタリの戯曲ですね。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です