大阪桐蔭の西谷浩一監督の指導法は怖い?太りすぎの理由は病気か?

大阪桐蔭高校野球部の西谷浩一監督の経歴や指導方法に
は怖いのか紹介します。
また、監督が太りすぎているので理由や病気はないのか
調べてみました。

大阪桐蔭の西谷浩一監督とは

夏の甲子園高校野球で春夏連覇をかけて戦う大阪桐蔭高校ですが
チームを率いる西谷監督の人物像を紹介します。

今年は第100回記念の節目の大会なのですが過去の優勝校の
監督の勝利回数は過去通算でベスト5にランクインしています。

この勢いで成績をますます伸ばしていけばPL学園を抜き1位の
智弁和歌山にも迫る勢いではないかと思います。

また、西谷監督は監督自身の成績よりも大阪桐蔭の成績のほうが
大切ですと謙虚な人柄でこれも幸運の女神が救う条件ではないか
と思うのです。

大阪桐蔭は大阪大会で苦戦していたが奇跡の逆転劇を勝ち抜いて
来たのですが本当に粘り強くて底力を感じさせてくれました。
甲子園の決勝戦のような内容がヤバイです。

西谷浩一監督の指導法は怖い?

大阪大会優勝時のインタビューを見ても西谷浩一監督の
人柄は温厚で優しいそうに感じますね。
ビシバシというスパルタ教育的な雰囲気は感じません。

それよりも選手がよく頑張ってくれたと感謝しているような
優しさを感じさせられるインタビューです。

「高校野球界の監督がここまで明かす! 野球技術の極意」という本に
西谷監督の生徒たちへの指導方法が詳しく掲載されているのです。

西田の監督が就任してからは後輩が先輩の洗濯をすることを
やめさせて自分のことは自分でやらせて1年生にも練習時間を
平等にしてチーム全体のレベルアップに力を注いでいます。

西谷浩一監督はチーム作りに次のことが重要であると
説明しています。

1 日本一を目指す風土を作る
2 目標は意識して口に出す
3 個が強くなればチームは強くならない
4 チャンスはなるべく平等に与え、ベクトルを自分に向けさせる

また、指導方法について西谷監督は怖いのか?調べてみましたが

大阪大会でも常にポーカーフェイスで奇跡の逆転をしても喜怒哀楽を見せませんでした。
常に冷静に生徒たちを見ているんですよね。

作新学院の試合でベンチ外の1年生を起用して初級をレフト方向に
ヒットを打つなど周囲を怖がらせる秘策を持っているのです。

西谷監督は怖いというコメントはなく、優しい、穏やかという声が
多いので怖くなくて穏やかそうです。

西谷浩一監督太りすぎの理由は病気か?

気になることが一つ有るんですがそれは西谷監督は体重が125キロと
かなり太っているのですがなぜこんなにおデブなんでしょうか?

ベビースターラーメンが大好きで藤浪選手が大量に差し入れをしているからという声が
多いのですが本当にベビスターラーメンが太る原因だとはちょっと考えられません

ネットの反応では痩せたほうが良いという声が多数来ています

このように監督の体型を皆さんがかなり心配しているのですが
かなりの体重オーバーナノが心配ですし御本人も注意していらっしゃると思いますが
どうぞダイエットにも少し力入れてほしくなりますね。

まとめ

大阪桐蔭高校野球部の西谷監督のプロフィールや戦績を
紹介させていただきました。
怖い監督なのかと調べてみたのですが試合中も常に冷静ですし
勝利インタビュー時も選手たちに感謝している様子を見ると
とても短気で怖いというイメージはありませんでしたし、ツイートもありません。

穏やかで選手の主体性を大切にして先輩後輩の悪い習慣をなくして
1年生も練習に専念できるように配慮していることが好感がもてて
良かったです。

この夏の甲子園での優勝を願って応援します。
最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です