免疫力を高める方法は食事中のプロバイオティクスで腸内環境改善せよ

免疫力とは?

 

 

赤ちゃんが生まれて初めて口にする初乳にはお腹から生まれたばかりで

抵抗力のない赤ちゃんにとって大切な免疫力と栄養素が含まれているのです。

初乳には大腸菌や黄色ブドウ球菌などのウイルスから赤ちゃんを

守ってくれるラクトフェリンが普通の母乳の3倍以上も含まれているので

新生児の体内に免疫力をつけることができるのです。

また初乳はお母さんのおっぱいから出るのは5日から10日間という限られた

日数しか出ないのが特徴です。

 

 

 

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

風邪をひきやすいとかお腹を壊しやすいとか
それは免疫力が低下している姿なんですね。

体内では毎日がん細胞が3000個以上もできては消え
またで来ては消えているというがそれは免疫細胞が

癌細胞を破壊してくれているからなのです。

癌細胞を破壊してくれているからなのです。
代表とされているのはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)

と呼ばれるものでいつも体中を回っていてウイルスの侵入を
発見して攻撃する働きをするんです。

そして免疫細胞は腸で作られているのです。

 

 

免疫力は腸内環境が重要だ。

人間の身体の内側の粘膜は広さがどれくらいなのかというと
外から体を包んでいる皮膚の200倍もあるのをご存知でしょうか?

体内の内側すべての広さはテニスコート1.5面分もあるのです。
そのうち、大腸と小腸でテニスコート1面分になるのです。

腸の働きは異物を除去しながら栄養分を身体に吸収して
最後に老廃物を体外へと排出する3つの機能があるのです。

一時、乳酸菌が花粉症に聞くとしてみんながヨーグルトを
好んで食べたときがあったのだが、その後いかがだろうか?

相変わらず、春になると鼻水が出る、目がかゆいなどの
症状が出ている人がまだ多いのだ。

乳酸菌は胃で胃酸により、死滅してしまうからで、

生きたままの乳酸菌を腸まで送り込む必要があるのだ。

 

プロバイオティクス乳酸菌の効果

 

そこで生きたままの状態で腸まで届く乳酸菌はといえば、

プロバイオティクス乳酸菌だ。

便秘には食物繊維が良いとされているから、キャベツやゴボウなどを

多く食べる方もいらっしゃるようですね。食物繊維は善玉菌のエサとなって

腸内環境を整える働きrということを覚えておくとよい。

%e3%83%93%e3%83%92%e3%82%bf%e3%82%b9

http://zendamakinblog.com/product/bifidus-bb536より

プロバイオティクス乳酸菌は有胞子性乳酸菌と呼ばれていて、

芽胞があるため胃酸から守られていて腸管にまで到達できるのだ。

ただ、腸は外部からの侵入者をなんでも歓迎してはくれないので

効果を継続させるためにはプロバイオティクス乳酸菌のヨーグルトを

毎日欠かさず、飲み続けないといけないのだ。

そうすることで腸に棲みついて効果を維持できるのだ。

善玉菌を増やして良い腸内環境を維持するには

 

プロバイオティクス乳酸菌で腸内環境が良くなってその状態を

維持するにはどうすればいいか?

それは食物繊維を多くとって常に善玉菌のエサを与えていくこと

が大切なことになる。

オリゴ糖やラクトフェリンを含む食品も食物繊維同様に

総称してプレバイオティクスと言われる。

腸内環境を維持するために欠かせないものなので適度に

摂取していくことが大切になってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です