時をかける少女で理科室の黒板の英語文字や顔文字の意味とは?書いたのは誰?

時をかける少女は原作が1967年筒井康隆が書いたSF小説なのです。
アニメ映画の「時をかける少女」は206年の公開ですがその後も

人気があって何回も地上波で放送されているのです。そしてまだ
その人気は落ちることなく実写映画も作成されています。
高校2年生の紺野真琴が理科室でタイムリープという能力を身につけることから
様々な展開が見ものです。今回は理科室の黒板に書かれていた

time waits for no one.という文字や
「(゜Д゜)ハァ?」という顔文字について意味や誰が書いたのかについて
紹介していきます。

時をかける少女 理科室の黒板

真琴がタイムリープの能力を身につけることができるように
なるんですがそのきっかけが理科室ですね。
何かの装置を拾ってタイムリープができるようになりのです。

黒板の英語文字や顔文字や意味について

そして黒板に書かれていたのは
time waits for no one.
という文字でした。
意味は時は誰も待ってくれないということです。
ことわざでいくと「歳月は人を待たず」
さらに時の流れはだれも止めることはできなくて川の流れのように
流れていくもの
「光陰矢の如し」ということになるのです。時間の

ですがタイムリープを使えば時間のことなんか気にならないわ
という反発心が顔文字で表現されているのです。

黒板に書いたのは誰

理科室に例の装置を忘れていきそうなのは千昭で

time waits for no one.という文字や
「(゜Д゜)ハァ?」という顔文字を書いたのも

千昭の可能性が高いと言えますね。
その理由は千昭はカラオケで「time waits for no one」という曲を
よく歌っていたからです。

千昭カラオケtime waits for no one画像

そして未来から来たので千昭には言葉の意味がわからなかったからです。
千昭は黒板に書いたのだが未来から北からよく意味がわからず
「(゜Д゜)ハァ?」という顔文字を書いたのです。
思わず、ため息が出たんですね。

そしてtime waits for no oneという曲は元々ローリング・ストーンズの
曲なんですね。

詳細はこの動画を見ればわかりますね

でも一瞬の時間を誰もが共有することで時間をコントロール
することよりも一瞬を大切に生きることのほうが重要だと

この映画は囁いているのです。

まとめ

time waits for no one.という文字の意味は
時間は誰も待ってくれない
という意味でした。

ことわざで言うと光陰矢の如しということですね。
そして理科室の黒板にこれらを書いたのは未来から来た千昭でした。

「(゜Д゜)ハァ?」という顔文字の意味は
千昭がtime waits for no oneという言葉を
黒板に書いたけれどどういう意味かが結局わからなくて
ため息をしていたのです。これが顔文字の意味でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です