時をかける少女で倉野瀬高校のモデルは?真琴の制服のデザイン元は?

アニメ映画 時をかける少女は細田守監督が手がけた作品ですが映画のモデルになった
学校や主人公の真琴の制服がどのように決まっていったのかを調べてみましたので
紹介していきます。

細田守監督自身が多数の高校を見て回る

細田守が有名になれたのはアニメ映画「時をかける少女」が
大ヒットしたからでした。

9ヶ月間も長い間上映されるくらいの超ロングランヒット作だったのです。

アニメ映画時をかける少女で主人公の女子高生の真琴はタイムリープ
という能力を手ににれるのです。現代の女子高生はどんな風なのかを

知るために細田監督は自ら数多くの高校を見学に回っているのでした。
自分の時代と比べて違うところや共通するところなどを実際に何人も

の放課後に勉強や部活動に励む高校生に声をかけて来たといいます。

細田監督画像

倉野瀬高校のモデルにになった学校は?

倉野瀬高校に真琴は遅刻ギリギリで通学しているんですが
どこの学校がモデルになっているか調べてみました。

そうしたら、教室や中庭、校舎などかなりの部分が

東京都杉並区の東京女子大学善福寺キャンパスと同じで
この大学がモデルになっていることに間違いないです。

東京都杉並区の東京女子大学善福寺キャンパス正門画像

東京都杉並区の東京女子大学本館画像

アクセス
JR「吉祥寺」駅(JR中央線、JR中央・総武線、東京メトロ東西線乗り入れ)
京王「吉祥寺」駅(京王井の頭線)

・ 北口(3番のりば)より関東バス・西10・西荻窪駅行バスで「東京女子大前」下車すぐ
※ JR中央特快、JR通勤特別快速は吉祥寺駅には停車しません。

西武「上石神井」駅(西武新宿線)

・ 南口より関東バス・西02・西荻窪駅行バスで「地蔵坂上」下車 徒歩5分

真琴の制服のデザイン元になった国分寺高校

数多くの高校を見学に回っていた細田監督は主人公の真琴の
姿をどんな風にしたら良いのか悩んでいたときに国分寺高校

に見学に行くとポロシャツを着た女子高生がすごく気に入って
可愛らしくて魅力的だったので「これを真琴の制服に決めよう」
と細田監督は思ったそうです。

これは第29回東京国際映画祭での質疑応答での一部分なのです。

真琴制服画像


国分寺高校の制服画像


引用元:https://withdom.jukendou.jp/exam-info/2510

このように国分寺高校の制服と真琴の制服がよく似ていますね。

スカートの長さもそっくりですね。

文武両道で勉強もスポーツも盛んで校則も自由度が高いが
ワルやいじめもなく伸び伸びとした高校生活を楽しんでいる。

国分寺高校はどこにあるのか調べてみました。

東京都立高校で偏差値が67でかなりレベルは高くて難関校です。
進学実績を見るとほとんどの学生が国公立大学に進学しているのです。

都立高校では他に立川高校、武蔵高校と都立激戦区です。

〒185-0004 東京都国分寺市新町3-2-5
電話 : 042-323-3371
ファクシミリ : 042-325-9833

まとめ

アニメ映画時をかける少女の倉野瀬高校のモデルは
東京女子大学善福寺キャンパスです。

時をかける少女は細田守監督が実際にたくさんの高校を訪問して
真琴の制服のデザインを検討していて悩んでいたのですが
決まったときの高校が国分寺高校でした。
そこのぽポロシャツを着た女子高生が可愛くて魅力を感じて
主人公の真琴の制服を決めたのでした。

国分寺高校は進学校でも難関校で卒業生は国公立大学に
進学する。評判も良い高校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です