帝一の國のお父さん役は誰?生徒会長選挙から監督の伝えたい事は何?

映画「帝一の國」は主人公の赤場帝一が父親の赤場譲介が叶えられなかった総理大臣の夢を目指して自分の国を作るため、まずは海帝高校の生徒会長になるために奮闘する内容を描いています。

帝一のお父さん、赤場譲介も超名門校の海帝高校出身で生徒会長を目指していたが生徒会選挙で破れて総理大臣の夢は叶えられなかったのでした。
そのため、現在は通商産業省の政務次官である。
赤場譲介は自分が叶えられなかった夢、内閣総理大臣になるのを を息子、帝一に託すという一見ワンマンな父親を演じているのです。
総理大臣になるためにまず、海帝高校の生徒会長になることが一番確実な手段だということで帝一の好きなピアノを弾くこともやめさせてしまうのでした。

この記事は帝一の國のお父さん役の名前やネットでの反応、生徒会長選挙とは
どんなものなのかそしいて監督が視聴者に言いたいことは何かについて
紹介していきます

帝一の國のお父さん役は誰?

赤場帝一のお父さん役の赤場譲介役を演じるのは吉田鋼太郎さんです。
映画ではとても厳しい父親で息子は逆らうこともできないくらいワンマンな人物を演じております。
が ネットでの反応を調べてみました。

ということで、かなりダンディな男性だと言えるでしょう。

帝一と父親の赤場譲介との点数でのやり取りもとても熱が入っていて、
高評価を受けています。

そして帝一の國で一番おかしかったところはテストの点のことで
大鷹段

生徒会長選挙

監督の伝えたい事は何?

この映画では海帝高校の生徒会長選挙が舞台になっていて生徒会長を目指して票集めにしのぎを削る様子を各キャラが見事に演じていると思います。
氷室ローランドは賄賂を使いそれが仇となって信用をなくし崩れていきました。
森園億人は

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です