そして父になるで良多の生い立ちは?パパなんかパパじゃないの意味とは?

良多 生い立ちは?

野々宮良多は幼いときに実の母に会いに家出をしたことがあったのです。
実の父である良輔が実母と離婚して後妻のぶ子(継母)が家に来て父親からは「お母さんと呼べ」と強制的に言わされたが良多は受け入れることができずに拒否し続けていたのでした。良多とのぶ子の関係がうまく行かなかったからでした。父親の良輔との親子関係も

冷たく仲が悪かったのです。

そんな父親を良多は嫌っていたわけですが慶多を手放して
琉晴を引き取るのを決めたのは父親の血は物を言うぞ これからだんだん
琉晴はお前に似てくるし、慶多は斎木の父親に似てくると言われたから慶多を
交換することにしたのです。

琉晴にお父さんと言えと強要したことを恥じる良多

実の父は継母のことを「お母さんと呼べ」と強い口調で言っていたが良多は
何十年もの間、「お母さん」と読んだことは一度もなかったのでした。

6歳の琉晴にお父さんと呼びなさいと自分も実父の良輔と同じことをやっている
じゃないかと反省するのでした。育ての親の斎木家に帰りたいよと言う

琉晴のことを「無理しないでいいからね」と優しく許すのでした。

パパなんかパパじゃないの意味とは

琉晴と心が通じ会えるようになってきた頃、良多は自分のカメラを
持ち出して慶多はいろいろな写真を残していってくれたのを見て

涙を流していたのでした。そして急に慶多に会いたくなって斎木家に
会いに行きました。慶多は良多の顔を見て外に逃げていくのですが

良多は追いかけていきます。慶多は「パパなんかパパじゃない」とどんどん歩いていき
ます。そうして「お父さんが悪かった、もうミッションは終わりだ。」

と良多は言い、慶多とそっと抱きしめるのでした。

これは慶多が良多の言った。「向こうの家に言ったら斎木のおじさんやおばさんが
パパとママだよこれはお前が立派な大人になるためのミッションだ」と

言った良多の言葉を忠実に守っているからこそ出てきた言葉なのです。
そしてこのときに良多は慶多の父親になれたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です