22年目の告白で里香(りか)が殺された理由は?口パクした最後の言葉とは?

牧村里香が東京へ来たときは1995年阪神大震災のとき

牧村里香は牧村航の妹で阪神大震災でアパートが全壊して東京の兄の牧村航のところへ越してきたのでした。

そのときに彼氏の小野寺拓巳もついてきたのでした。
看護師の仕事をしていて自分が震災で患者さんを

助けられなくて自分だけが生き残っていることが悔いが残り
自分を攻めているのを拓巳は支えて勇気つけていたのでした。

そんなときに里香は連続殺人犯に拉致されてしまったのです。
あとで牧村の先輩滝刑事とともに駆けつけるが滝刑事は犯人が仕掛けた罠のロープが首にかかりと同時に爆弾が爆発してその場で死亡してしまいました。犯人は牧村航を殺す予定だったのですが滝刑事が身代りに滝刑事が死んで予定がうまくいきませんでした。

牧村里香が拉致されて絞殺されてしまう

ニュース特番で仙堂は牧村航と曽根崎雅人そして
真犯人と名乗る覆面の男が自分が真犯人の証拠である動画を持ち込んだのだった。これを見れば間違いなく俺が真犯人だということがわかると自信満々で語る覆面の男でした。

動画を放送しても良い内容かどうかを番組スタッフが確認したところ放送できない酷い内容だったからでした。結局放送は途中で中止となり、番組スタッフや出演者だけで見ることになったのです。

視聴者の皆様には映像が見せられない動画なので
仙堂と曽根崎、牧村、代行屋(真犯人)の4人だけで見た

それには恐ろしい里香の残忍な絞殺シーンが最後まで撮影されていたのでした
それを見て兄の牧村航は泣き崩れてしまいます。曽根崎雅人は怒りがこみ上げて仙堂が差し出す万年筆で覆面男の頭にペン先を突き刺したのです。


なぜこのような里香さんの命を奪ったのか?
絞殺したのはどんな理由なのでしょうか?

22年目の告白の仙堂の連続殺人の動機は?犯人であるどんでん返しとその後はどうなった?

牧村里香の絞殺された理由と最後の言葉とは

牧村里香は医療機関で働く看護師でしたが阪神大震災で多くの患者さんを目の前で死んでいくのを目の前にして心的外傷後ストレス障害PTSDに悩まされていて東京に来ても自分のせいで患者さんが亡くなってしまったと嘆いていていつも自分を責めていたのです。

牧村里香はなぜ殺されたかというと最初犯人は牧村航を殺害しようと思い まず、殺害されるところを目撃させるために里香を航のアパートから拉致 します。

そしてアパートの爆発する瞬間を見せるために里香をアパートが 見える少し離れた屋上に連れていきました。

しかし結果は先輩刑事の滝 刑事が最初にアパートに入り、身代わりに爆死してしまいました。 屋上から見ていた犯人は牧村航を殺害する計画に失敗してしまいました。

そして本当は牧村刑事が死亡するところを見せたら開放する予定ができ なくなり、里香が必要なくなったので絞殺されてしまったのです。

結局、里香は牧村刑事の代わりに殺されてしまったのです。 後になって牧村は里香の絞殺される動画を見せられて泣き崩れてしまう のでした。

里香は阪神大震災で東京の兄のアパートに来ていなかったら狙われることは なかったのに犯人の残忍な計画に巻き込まれてしまったのでした。 そして絞殺される寸前の里香の残した言葉は、

「私一人だけ幸せになれる資格はない」と言った直後に絞殺されていくのでした。 里香がかわいそうで涙が止まりませんでしたね。

そして実際には里香が何を言っているのか聞き取れないのですがあとで仙堂と曽根崎との決闘したときに仙堂が言い残しています。

まとめ

牧村里香が殺された理由は
真犯人の仙堂は里香に兄の牧村航がアパートに入ったときに仕掛けておいた爆弾で死ぬところを 見せるつもりだったが違う滝刑事が代わりに死んだので計画が駄目になった。

牧村航殺害に失敗して邪魔になった里香を犯人は絞殺してしまったのでした。そして、仙堂に殺されていく寸前に言った里香の最後の言葉は、

「私一人だけ幸せになれる資格はない」 でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

 

22年目の告白で曽根崎が牧村に耳打ちした内容は?予告編との違いとは?

22年目の告白のヤクザ役は誰?ラストで戸田が仙堂を刺した理由と意味は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です