22年目の告白の仙堂の連続殺人の動機は?犯人であるどんでん返しとその後はどうなった?

曽根崎雅人が犯人ではなかった(どんでん返し1)

私が殺人犯です!と公表し世間を騒がせてきた曽根崎雅人でしたが新たな真犯人がテレビのニュース番組の「NEWS EYES」の緊急特番として放送された。覆面を付けた男が真犯人の証拠として自ら
撮影した牧村里香の絞殺シーンを見た所里香が犯人に首を締められて
殺害される生々しい残忍な動画が収録されていたのです。

実の兄の牧村航はその場に泣き崩れてしまう。そして恋人であった曽根崎は興奮して仙堂に差し出された万年筆で真犯人の頭を突き刺したので、番組は大混乱で一時騒然となるのでした。

怒り狂い、興奮してる曽根崎を仙堂は抑えて真実を話すように説得するとやがて曽根崎は自分が里香の元恋人で小野寺拓巳であることを話し、実は「私は・・・・犯人ではありません。」と小さな声で自分は犯人ではないということを打ち明けた。

その後は牧村が「この本は私が書きました。」と打ち明ける。告白本は当時担当刑事である牧村が著者だったのでした。恋人里香の誘拐事件の時効となったのを苦にして小野寺拓巳は飛び降り自殺したが運良く命拾いして共立中央病院の院長の山縣明寛に依頼して自分を違う人間に整形して生まれ変わらせてもらった。

そして里香を拉致した犯人を時効したあとは自分の手で捕まえようと自ら殺人犯曽根崎雅人となり、告白本は里香の兄の牧村航に書いてもらって二人で協力して真犯人をおびき出そうとしていたのである。

覆面の男は自分は頼まれて出てきた代役に過ぎないとただの代行業ということがわかり改めて拓巳と牧村は真犯人には辿り着けなかったが諦めないことを誓ったのだった。

仙堂が真犯人とわかった瞬間(どんでん返し2)とは

テレビ出演中に曽根崎が違和感を抱いていたことがあった。
それは仙堂の言葉に引っかかるものがあったからだ。番組の最中、「牧村里香さんは婚約して新たな人生を歩み始めようとしていました」

曽根崎雅人(小野寺拓巳)は牧村里香と婚約してたことは兄の牧村航にしか告げていなかったのにどうして知っていたのか?

里香の殺されたビデオで犯人は里香の婚約指輪を見つけて指から抜いていたのだ。だから犯人なら知っているはず!ということは

真犯人はあのニュースキャスター仙堂俊雄という結論に達したのだった。

そして牧村も仙堂がこの事件に興味があってすぐに曽根崎を番組に連れ出そうとしたが犯人だからこそ、曽根崎の目的が知りたかったのだろう。そして事件のどこまでのことを知っているのかが気に
なって仕方がなかったはず!
そして、里香の殺害シーンを見た時の態度で万年筆を曽根崎のほうに差し出して「これで覆面している代行者を刺してこい」という意味ありげな態度をしたこと。

犯人だからこそ曽根崎のことを知りたかったのだろう。

22年目の告白のヤクザ役は誰?ラストで戸田が仙堂を刺した理由と意味は?

仙堂が連続殺人を犯した動機は何だったのか?

今からさかのぼること22年前の出来事ですが、仙堂は海外で仕事をしていました。外国の戦争や紛争などをフリージャーナリストとして活動し、命がけの取材を職務とする毎日を送っていました。

ある日、同じ取材仲間でドイツ人男性と親しくなりましたが、テロ組織の反政府集団に拉致されて二人共拘束されてしまいました。
そしてテロ集団は仙堂の目の前でドイツ人男性を絞殺してしまったのです。仲間を目の前で絞殺するという極めて残酷なシーンを見せつけられてしまいました。
やがて仙堂だけが釈放されたのですが想像を絶する体験に心に深い傷が残ってしまい、PTSD即ち、心的外傷後ストレス障害を起こして精神的に大きなダメージを受けて日常生活にも支障をきたすようになったしまいました。

自分だけが生き残ったことの罪悪感やトラウマを解決するには同じ思いをする人がどのような人生を歩むのか?

自分と同じような体験をする人を鏡像として観察したくなってしまいました。そこでついに殺人を起こし家族をなくした人たちの反応を見ることとなり、連続殺人犯になってしまったのです。

まとめ

この映画には大きく話が変わるどんでん返しが2つありました。
それは、

  1. 自ら連続殺人犯と名乗り出た曽根崎が犯人ではなかったこと。
  2. ニュースキャスターの仙堂が真犯人であったということ

この22年前の仙堂のフリージャーナリスト時代の出来事というのがこの映画のタイトルにもなっているので
この経験こそが仙堂が連続殺人の罪を犯す根源になっているのが納得していただけると思います。

最後までお読みいただきありがとうゴザました。

関連画像

22年目の告白で里香(りか)が殺された理由は?口パクした最後の言葉とは?

22年目の告白でたくみが海外行く理由と意味は?最後に刺したのは誰?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です