22年目の告白のヤクザ役は誰?ラストで戸田が仙堂を刺した理由と意味は?

22年目の告白ヤクザ役は誰

22年目の告白の中では橘組というヤクザが登場してきます。
実際には役名で何人出てくるのかを調べてみました。

橘組組長は橘大祐〈64才〉岩城滉一 3件目の事件を目撃している。

戸田丈〈26才〉は橘組の組員で3件目の連続殺人事件で母親を殺された被害者

戸田丈を演じるのは早乙女太一です。
早乙女太一さんについてプロフィールを紹介しておきます。
生年月日:1991年9月24日
福岡県出身

4歳からはじめて舞台にたち、「劇団 朱雀」の2代目として活躍中、
北野武の映画「座頭市」に出演して100年に1人という女形役者と
高い評価を得ている。

早乙女の役柄はセリフはなくて走っている役が多くて入江監督は俺の脚が
欲しかったのかとコメントしている。役目は狂気の人間像をいかに
表すかということでこの映画でもその演技が高く評価されています。

ということで22年目の告白の中でヤクザ役が二人で名前は

橘組組長の橘大祐〈64才〉岩城滉一

戸田丈〈26才〉橘組の組員
の二人です

この二人についてネットではこう言われていました。

ラストで仙堂を刺したのは戸田丈

曽根崎が牧村と演技をして真犯人をおびき出して真犯人の
仙堂はついに逮捕されたのでした。

仙堂は5人の連続殺人犯として逮捕されて刑務所に行くことになりました。拘置所では
刑務官に両脇を持たれて廊下を歩いていた時、廊下を掃除をする
清掃員の服装に変装した男がナイフを持ち突然、仙堂めがけて突っ走ってきました。

そして、仙堂の腹にナイフが突き刺さりました。そうして仙堂は
拘置所内で死んだのです。

最後に真犯人の仙堂をナイフで刺し殺したのは

橘組の戸田丈でした。

戸田丈の人間像と刺した理由は

ラストで拘置所で仙堂を刺したのは戸田でしたがその理由は母親の
敵討ちだったのです。
銀座ホステス殺人事件で戸田の母親は 殺されてしまいました。
それからはずっと曽根崎を狙っていたのですが仙堂が真犯人だと知り
戸田丈は仙堂を刺殺して母親の敵討ちをしたわけです。

また、親分の橘大祐の愛人の子供でもあり銀座のホステスとの間に
できた子供が戸田丈という人間で仙堂を刺すことは父親の橘大祐の
指示でもあったのです。

まとめ

22年目の告白の中でヤクザ役が二人で名前は

橘組組長の橘大祐〈64才〉岩城滉一

戸田丈〈26才〉橘組の組員
の二人です

そして最後に真犯人の仙堂を拘置所で殺したのは

橘組、構成員の戸田丈でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です