22年目の告白で曽根崎が牧村への耳打ち(内緒話)内容は?予告編との違いとは?

22年目の告白が金曜ロードショーで放送

2018.6.8 よる9時〜10時54分放送 日テレ

この映画は2017年6月10日に公開されて以来、日本中を狂わせたとても話題になった映画ですね。

2017年上半期における邦画実写映画No.1を獲得し興行収益は24億円、観客動員数180万人という邦画部門では最も人気があった映画です。

 

このブログは日本テレビの金曜ロードショーで放送されるのですが

映画を見ているときに「あれ、何?」って気になることを調べる人へ納得していただける

答を紹介するために書いています。

主人公は曽根崎雅人(藤原竜也)で時効が成立した連続殺人犯を名乗り出て世間を

大騒ぎにさせます。

曽根崎がいう殺害の3つのルールには、

  1. 殺害方法は背後から縄で締め上げること
  2. 殺害する瞬間を一番親しい人間に見せること
  3. 目撃者は殺さずにマスコミに犯行を証言させる。

 

 

そしてマスコミを自在に使い、サイン会までも開催します。

 

曽根様などと殺人犯が人気ものになるというちょっと考えられない始まりに驚いてしまいます。このような曽根様スタンプまで流行りだす事態になり想定外の状況に

 

 

 

 

 

思うままに世間を騒がせる曽根崎の目的は何なのか?

被害者の医師の山縣明寛(岩松了)へ謝罪に行き土下座をするが今頃何しに来たと怒りを増長させるだけだった。そんなときに長年犯人を追ってきてあと僅かのところで取り逃がしている牧村と曽根崎が再会する時が来るのです。

 

 

22年目の告白で曽根崎が牧村に耳打ちする場面

予告編動画では藤原竜也がイケメン犯人役で時効成立後に記者会見していますね。

曽根崎雅人として私が殺人犯ですと名乗っています。時効が成立して名乗るほど
クズ野郎を演じてそれを恨み続ける牧村警部を伊藤英明が演じています。

私が殺人犯だと世間を驚かして犯行内容も告白本にして出版してベストセラーになど憎まれ役を演じるものと思いこんでいたのだが話は急展開します。これも曽根崎の真犯人をおびき出す作戦だったのです。

曽根崎はあともう少しで牧村警部に逮捕されるところだったが
寸前で逃げられて時効が成立してしまいました。
曽根崎は時効成立後に私が殺人犯ですと記者会見や本も書き出版します。

どうしていまごろ?何のつもりなの?と誰もが感じていたことでしょう。

ある日、曽根崎は牧村に偶然会うことになりましたが、曽根崎はわざと牧村をあざ笑うようにように、「牧村さんじゃないですか?その節はおせわになりました。」と握手を求めて牧村を挑発します。

このとき内心牧村は「この野郎、お前何のつもりだ!何でお前なんかと握手なんかしないけないのだ!」という表情をしていますね。

これも演技の内なんですね。映画を見ていた私はすっかり騙されてしまいました。

このあと牧村はその手をバチンと打ち払い除けて帰ろうと歩きだすところへ曽根崎は近づいていき何か内緒話をするような素振りで手で口をふさぎ、ささやくように何かを耳打ちします。それを聞いた途端、牧村は曽根崎に掴みかかります。

その場面がこちら

コレが予告編動画の内容ですね。

曾根崎が牧村に耳打ちした内容とは?

いかがですか、わかりましたか?

予告編で曾根崎が牧村に何かを耳打ちしている場面があるんですが
一体何をしてと耳打ちしたのでしょう。

それは、「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」・・でしたね。

これを聞いて牧村は激怒して曽根崎に食いついていくのです。長年追いかけてきた犯人にあと少しのところで取り逃がしたのですからどんくさいから5人も死んだなどと言われたら
コノヤローってたしかに頭にきますよね。

予告編と本編との耳打ちした言葉の違いとは?

本編では聞き取りにくいという質問も寄せられていますので
実際はなんて言って耳打ちしているのでしょうか?

私も映画を見たのですが耳打ち(内緒話)の場面になるとなぜだか音声が聞こえませんでした。すごく気になってしまいました。

なにを耳打ちしていたかというと、ずばりその答えは、「早く殴って下さい」でした。

これは隠された曽根崎と牧村との綿密な打ち合わせのうえのことなのです。

なんでそうなるの?って思いますよね。

時効を理由に挑発する曽根崎を
許せない、殺してやりたいのは牧村の本音でしたよね。

でもあとから事実がわかりますがこの二人は演技をしているんです。
真犯人をおびき出すための世間が曽根崎を犯人だと思わせるためにも

牧村が本気で犯人は曽根崎だと思いこんでいることを真犯人に見せ
つけたかったんですね。だから、牧村に殴らせているんです。

これが「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」と

「早く殴って下さい」の違いなのですね。
私は簡単に騙されてしまいましたがあなたはいかがでしたか?

予告編を見た人は最初に予備知識ということでセリフをインプットされて

しまうので簡単に騙されてしまうでしょう。

耳打ちについて ネットでの反応は

まとめ

曽根崎が私が殺人犯ですと時効が成立したあとに会見を開き
本も出版してサイン会もする曽根崎

予告編では「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」と
完全に犯人は曽根崎と思わせていて、本編では「早く、殴ってください」

と二人がっ真犯人をおびき出すための演技だということがわかります。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です