板橋花火大会2018の開催時間は?アクセス方法で最寄り駅や屋台はどこ?

板橋花火大会2018の開催時間

開催期間 2018年8月4日(土曜)

開催時間:19:00~20:30

開催場所東京都 板橋区荒川河川敷

いたばし花火大会の一番の見どころはなんと言っても12000発の
花火と東京では一番大きな尺5寸玉というとても大きな花火が見れることです。

また、花火を仕掛ける花火師は日本一の腕を持つとあって芸術玉やポケモン花火などいろいろな花火が楽しめます。フィナーレの仕掛け花火大ナイアガラの滝は壮大で700mの幅で流れ落ちる花火は迫力がすごくて目に焼き付きます。

見どころのナイアガラの滝

花火が滝のように流れ落ちる様子は圧巻です。

会場内には救護所や迷子や落とし物を預かる実施本部売店は10箇所あります。

 

荒川両岸から眺めるので非常に多くの観客が見にくるのです。

 

アクセス方法で最寄り駅はどこ?

いたばし花火大会へ行くには駐車場がないので車で行くなら最寄駅の周辺で

コインパーキングを利用するのが良いでしょう。

最寄り駅は地下鉄都営三田線「高島平駅

JR埼京線「浮間舟渡駅」から徒歩20分
地下鉄都営三田線「高島平駅」
「西台駅」・「蓮根駅」から徒歩20分

 

とあるようにどこの最寄り駅からでも歩いて20分もかかってしまうのでちょっと大変ですね。でも各駅から花火大会会場までには道沿いにたくさんの

屋台が立ち並んでいると思いますのでいろいろな屋台を楽しむことができます。

 

屋台の場所やメニューや営業時間

最初に言っていますが最寄りの駅から花火会場まで

焼き鳥、イカ焼き、お好み焼き、焼きそば、かき氷、わたがし、牛串焼き、ポテトもち、たこ焼き、じゃがバター、フランクフルト、ベビーカステラ、チョコバナナ、あんず飴、飲み物は

メロンソーダやコーラ、生ビール、ラムネ、多種多様な飲み物があります。屋台の営業時間は昼頃から販売が始まって15時から22時ごろまで営業しています。

 

有料指定席について

有料指定席は2100円から28800円までチケットぴあ等で購入可能です。

販売開始は例年通りですと6月9日ですが発売日には 板橋区役所で整理券を求めてこのように行列ができるほど人気があります。

 

板橋区役所は花火に関しては親切

区役所は花火大会で木が邪魔で見にくいという要望も聞き入れて 樹木の選定もメールすれば対応してくれるようですね。

会場にトイレはどのくらいあるか

花火会場には仮時トイレ26箇所設置されますが足りないので増設しています。

花火が半分くらい終わるとだんだんトイレに行く人が増えていきます。

仮設トイレは男女別れていますが混雑すると待ち時間も長くなるので

要注意です。

特にビール飲んトイレに行きたくなった人は待てなくなって失敗しないようにご注意してください

特に女性用トイレは長い行列ができます

 

携帯が使いにくくなり困る?

スマホや携帯電話は繋がりにくくなるのでメールやメッセージを送信できるアプリを使用するほうが確実です。いたばし花火大会は来場者が約52万人なので電話をかけると非常に混線

してしまうのです。電波の授受ができなくなるのでしょう。

タバコは吸える場所はある?

一般席と有料指定席とも煙草を吸う事はできませんので決められた喫煙場所で

お願いします。喫煙場所はトイレの近くに設置されています

 

ペット連れての入場はできる?

ペットは動物が嫌いな人もいるし花火の爆音は犬や猫にとってはストレスの元に

なるので控えるようにしてください。ペット同伴は入場禁止です。

 

まとめ

いたばし花火大会は都内でもランキング10位の花火大会です。

観客は52万人ということで公共交通機関も大混雑間違いありません

有料指定席を購入するのができれば一番オススメなのですが一般席でも

場所が取れれば素晴らしい花火が楽しめるでしょう。

屋台でお好きなものを買ってボックス席で飲食もできるので

楽しいひと時をおたのっシムください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です