嫌な顔をする人の心理やしぐさとは?好きな人にされた時はこうすればOKです!!

嫌な顔をする時とは

嫌いなことや無理なことを頼まれると人は嫌な顔をしますね。
オフィスで働いている時には予想もしないことを言われたら

ニコニコ笑顔でいられる人はいませんよね。まずは驚いて何で私が
そんな事しないといけないのと反発したくなりますね。

女性が嫌な顔をする時は個人差もありますが性格がしっかりしている人は自分がしたくないことを頼まれた時に喜んで笑顔では対応できませんね。

作り笑いをしても心の中は火の海で怒りがこみ上げてくるものです。特に帰宅時間間際に「君、これ明日までに仕上げておいてね」

なんて言われた時は笑顔がひきつってしまいますね。
「いやです、明日にしてください」といえる人なら良いけれど

 

通常はいやいや引き受けてしまうものです。そうするとその人の顔を見るだけでもムカムカしてしまうのです。

嫌な顔をするのではなくてさせられてしまうものです。
人に仕事を頼む前にはまず、相手の状況を見てからにしてほしいものです

何でもズケズケと頼めばいいというものじゃありませんね。

嫌な顔をする人の心理としぐさとは

嫌な顔をする時の心理はどうかというと自分に苦手なことを指示する人にはどうしても嫌な顔をしたくなります。

嫌と言ってもわかってくれない、断れない状況、上下関係や接客
など人間関係で業務命令をされたときなど、「やれば良いんでしょうやれば」と内心捨てセリフを言いながら渋々することになります。
「仕事なんだからどうせ言ったってやらなきゃいけないんだ。」

という心境でできれば逃げたいでも逃げれないという心理が働いていると思います。そうして自分が嫌な役を仰せつかってすることが決まると出るしぐさは「こんちくしょう 何でおればっかりなんだ」と大声を出したり、机を叩いたり、物にあたったりドアを蹴飛ばしたり、男性だと乱暴になりやすいです。

お酒の飲む量が増えたり憂さ晴らしにギャンブルしたりと良いことがありません。女性でも理不尽なことを強要されるとやけ食いややけ酒なども嫌な顔をする人のしぐさの一つだと思います。

嫌な顔をするときのしぐさというと具体的にというと

1 相手の顔を見てもあいさつもしない
2 目を見ようとしないし、無言
3 直接相手と会話することをせず家内など代理人を通してコミュニケーションををとる。
4 キレると暴言を吐くこともある

好きな人に嫌な顔をされたらこうしよう

自分が好意を持っていても相手がどうもあなたのことを毛嫌いしてたり、無視するとしたらどうします?

誤解しているとすれば低姿勢で優しい言葉できちんと謝るべきことは謝罪しましょう。いつまでも尾を引かないようにけじめを付けるべき時には自分の非を認めて反省していることを相手に伝えましょう。過去のあなたの性分を捨てて新しく生まれ変わった気持ちで笑顔と優しい言葉で接していけばわかってくれる日が必ず訪れますから大丈夫です。

まとめ

嫌な顔をする人の心理状態は逃れられない仕事などを強いられた時どうしても顔に出てしまうものです。

仕事だから仕方がないと諦めますが物にあたってみたりやけ酒や
やけ食いなどのしぐさが表れてしまうでしょう。

好きな女性にこのように嫌な顔をされたら何が原因で嫌な顔を
されるのだろうと自分に定規を当ててみましょう。

そして謝罪すべきところがわかったら、素直に認めて反省して
男らしく接してゆけばわかってくれる日がきますから大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です