親切の押し売りする人の心理や対処法は?職場や姑からの迷惑解決法まとめ

親切の押し売りとは

赤の他人のくせにやけに優しい人っていますね。

親切なことは良いことですが自分の意志や思いに関係なく良かれと思って準備してくれたり、そうするつもりはないのに自分の判断で買ってしまい「それでいいよね!」とこちらの気持ちを考えないで自分の判断でやってしまうことは
親切ではなく意地悪になってしまいますね。

 

つまり、親切の押し売りというのは相手の都合や予定など
人の気持ちや考えを全く無視した行為であることだと言えるでしょう。

例えば頼んでもいないのに醤油や調味料買ってきたよということでもあなたが買いたい醤油メーカーや種類、容量などお構い無しで「はいこれ!買っといたよ」という姑は嫁さんにすごく残念な思いを与えてしまうのです。姑さんはしてあげたことを本人はいい事してきたと思い込んでいるのです。

親切の押し売りする人の心理や対処法

先程も書きましたが自分の思いが最高でベストだと思っていることが
親切の押し売りをする人の心理です。例えば職場でも上司が大阪に出張に行くと決まってい多とします。
親切だと思って切符を買ってくれるのは良いのですがグリーン車が落ち着くし車内も空いているからと上司に都合も聞かないでさっさとJRの緑の窓口に買いに行ってきて会社に帰ってきた上司に「課長、明日の出張の新幹線の切符買ってきてありますから、はいどうぞ」
と渡すまでは良いが当の課長は自分でエクスプレス予約ですでに手配済みなんてことも起きてしまいます。

それで課長に「余計なことはするな!」と注意されるとそれがもう、気に入らない。せっかく親切に買ってきたのに「あの言い方は何よ!}反省する気もなく、「課長の馬鹿!」と愚痴や悪口を言いますね。とにかくしてあげた人から「ありがとうね」とか「助かったよ」とか、お礼を言われて当然!という優越感に浸るのが親切の押し売りをする人の心理であります。

では親切の押し売りから逃れる対処方法はというと先程の出張の新幹線の切符の場合は親切にみどりの窓口まで買いにいってくれて本当にありがとう、でもわざわざ君に買いに行かせるのも雨の中申し訳ないしそれにネットで購入するほうが料金も安いんだよとコミュニケーションを密に取り合うことが親切の押し売りを逃れる対処方法だと言えます。

つまり親切の押し売り逃れる対処方法

1 コミュニケーションを細かく取り合うこと。なにかする時には一言連絡くださいねと優しく頼んでおくときっぷがだぶることもありません。

2 一人単独の判断は行き違いの元にもなるということとお金も高くつくんだということにもなるということ。

ということを親切の押し売りをしてしまわないように十分に
話し合うことが重要だということを教えておくことがいちばん大切なことになります

職場や姑からの迷惑解決法

職場の中でも規則が有るので業務がスムーズに進んでいくように人間社会にも会社では社長と社員というように上司と部下の中でも親しくなるのは良いことなのですが自分の判断がこれで迷惑をかけないのかよく話あうことが大事だということをわかってもらえるまで毎回説明することが行き違いや迷惑を受けないためには重要ですね。

自分は親切だと思っていても相手の都合や計画も有るので良いことがおせっかいにもなるし意地悪にもなるのだということもわかって貰う必要があります。
これは嫁と姑の中だけでなく会社でもどこでも通じることなんです。

親切というものは相手が助からないと親切にはならないよということです。迷惑なのか親切になるのかは人を思う気持ちがあるかどうかただそれだけなんですね。自分が満足するだけなら迷惑なので
相手に会わせることを重んじるのかどうかで人に感謝されるのか怒られたり迷惑をかけてしまうんですね

まとめ

親切の押し売りとは本来親切と言うのは相手に喜んでするものですが自分の我が強いため人の思いを汲まないですることは親切の押し売りになってしまいます。家庭の中や職場の中どこでもそうですが本当に相手に喜んでもらおうという心があればミスもなくせるでしょう。

自分の思いを押し付ける押し売りじゃなく相手のかゆいところに手を貸して掻いてあげられる人こそが親切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です