沼津市長大沼明穂氏の持病や病歴とは?葬儀場の日時と喪主は誰で遺産はどうなる?

沼津市長 大沼明穂 経歴

2018年3月21日に急死した沼津市長の大沼明穂氏が自宅で急死されました。
2017年1月に小脳出血で半月ほど入院されていましたが再発を起こされたようです。

プロフィール  学歴と経歴

本名:大沼明穂(おおぬまあきほ)
出身地:静岡県沼津市香貫牛臥
学歴:沼津市立第3小学校卒業
沼津市立第3中学校卒業
静岡県立沼津東高等学校卒業
東京大学工学部卒業

日本アイ・ビー・エムIBM入社

ユビキタス・ビジネステクノロジー代表取締役を経て

2016年(平成28年)当時現職で3期目の栗原裕康氏に約2万票の
大差をつけて圧勝して沼津市長に当選しました。
しかし、市長在任期間は4ヶ月で帰らぬ人になってしまったのです。

 

58歳という若さで亡くなってしまうなんてもったいないことですね。

沼津市長大沼明穂氏の持病や病歴とは

2017年1月には小脳出血で半月ほど入院治療していたが、翌月2月には
復職して市長の公務を勤めていただけに急死というのはただただ、

驚くばかりで御本人にとっても無念の一語に尽きると思います。

大沼氏は奥さんや子供さんは同居していないのですね。

市役所の職員が見つけたということは普段は一人暮らしをしていたのでしょう。

持病の小脳出血というのが本当の死因となるのなら仕事を終えて家に帰ってからベッドで 寝ている時に急に具合が悪くなって自分で救急車を呼ぶこともできなかったんでしょうか? だとするともしも、奥さん日お子さんがそばに居てくれたなら、発見が早くて助かっていたのかも知れないですね。

それから、大沼市長は公職選挙法に抵触していて市内の葬儀に市長の名前で供花公私混同しているため

言及として3月の月給が本来額100万円の10分の1のたったの10万円になっていたのです。

心身ともに疲れ果てた末に急死とは可愛そうでならないですね。

しかし、東大を出た超エリートがこのような人生で終わってしまうものなんですね。

奥さんや子供さんはどうしていることでしょう。

持病の小脳出血だけでなく給料減額で大きなストレスも死因の一つだと言えると思います。

葬儀場の日時と喪主は誰で遺産はどうなる

大沼明穂氏の葬儀は日時や場所はどこになるのでしょうか?

家族はさがしていたら、娘さんがいるんですね。この方が選挙の時には

事務所でお手伝いをしていたんです。喪主を勤めるとしたらこの人じゃないでしょうか?

あなたはどう思いますか?

この娘さんはお名前が葉夏(ようか)さんといい、普段は

インドネシアで働いています。会社を1ヶ月も休んで選挙活動の手伝いをしていましたからこの方が多分帰国して葬儀の準備やもちろん喪主をされるでしょう。

奥さんとは離婚か別居中だそうで見込みないのじゃないかと思いますが

現実はどうなるか見守っていくしかないです。

セレモニーホール千本白萌苑  駐車場100台

ぬまづ平安会館 駐車場200台
沼津市内には葬儀場はたくさんありますが有名なところはこの2つです。

 

まとめ

沼津市長大沼秋穂氏が3月21日自宅で急死、死因は小脳出血

持病は特にないが、公職選挙法違反で給料減額も
大きなストレスを起こしていて急死の原因でしょう。

葬儀は沼津市内で行こなわれると思いますが
喪主は娘さんの葉夏(ようか)さんが有力でしょう。

大沼市長お疲れさまでした。安らかにお眠りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です