高齢出産の子供の気持ちと特徴は?障害の影響よりメリットの方が大きい

高齢出産の子供の気持ちと特徴は?

あなたが他の子のお母さんより年上でも気にしない

高齢出産で生まれた子供が親の年齢が気になるときっていうと小学校の時に 授業参観で後ろに並んでいる親たちの顔や姿を見て、友達の親と比べてみた時に「ボクの、 (私の)お父さんとお母さんは友達のお父さんお母さんよりも 年取っているなあ!」って思うことでしょう。 子供を産んだあなたは自分が年取っているから子供がかわいそうだと思いますか? 出来ることならもっと若いお母さんでいてあげたいと思いますか?他のお母さんに引け目を感じますか?

子供同士でいじめられてはしないかと気になりますか?子供がかわいそうと思いますか?

でも、これはどうしようもないことなのです。私も兄弟が5人で末っ子でしたので、

両親は他の子の親と比べたら年齢はかなり年上でした。あなたが一番つらいのは、いじめっ子の友達が「お前の親はお祖母さんやなあ!」 というような悪口を言っていじめられたりするときでしょう。

でも、そんなこと気にすることなんてないですよ。 その日一時の事です。年を取っていようが若かろうがそんなことは各家庭の プライベートなことなので気にするやつが失礼なだけなのです。

高齢出産の子供の特徴

親が他の子供の親よりも年上というだけで一時の僻みや悔しさはあるかもしれませんね。

いじめられるというのも一時的なものでそれがきっかけで気弱にならないように

堂々と強く生き生きと過ごしていけばよいだけです。

あとは母親であるあなたがコンプレックスを変に持たないようにしなければいけません。

自分の家庭とよその家庭と違いがあるのは、名前や顔、形が違うのと同じで違ってて

当然と思えば気にすることなんて全くありません。

高齢出産の子供の障害と影響

高齢になるほどなりやすいダウン症の割合

妊娠は年齢が高齢になるほど障害児が生まれやすくなってしまいます。

例えばダウン症の出生割合は妊婦さんの年齢が高齢になるほど危険度が増します。

20代では約1000人に一人の割合なのですが、

30代になると300人に一人になり、45歳では23人に一人という

割合でダウン症の子が生まれていることになるんです。

ではなぜ高齢になると障害児が生まれやすくなるのかということを

紹介しておきます。人間の体は染色体という身体の設計図で出来上がっているのですが

年齢が上がるほど規則正しく行われている染色体の受け取りに誤作動が起きやすくなり

ダウン症の場合は男女23本づつあるはずのものが21番目の染色体が3つもあるといわれています。

もう一つの原因は妊婦さんの年齢が高くなるほど卵子が老化して質が

悪くなってしまうのです。それが染色体の異常や障害児が生まれてしまう原因になってしまうんですね

高齢出産で子供が受けるメリットとは

上に示したように高齢出産のリスクは母子ともに色々なリスクが有るといわれています。しかし、悪いことだけじゃあありません!

20代の若いお母さんよりも高齢出産で赤ちゃんを産むお母さんは高学歴で人生経験も豊かですし、仕事のキャリア年数が高いので赤ちゃんの知能指数が高い子供ができやすいといわれているのです。仕事に夢中で

勤め上げたあとに高齢出産ということなのでその分豊富な知識で子供にも

より質の高い教育や指導ができるようになっています。

お母さんの役と先生の役も同時にこなせるので若いお母さんよりも母親が40代で生まれた

子供の方が知能指数(IQ)が高いといわれているのです。

また、病気やケガの数も若いお母さんよりも病院に行く回数が少ないという結果が出ているのです。

これも年の功というか子供の扱い方や接し方に間違えの少ない行動ができているか)らだと思います。

40代のお母さんは20代の女性と比べると本を読むことが多くて子供にも小さな頃から読み聞かせを行ったり、音読をさせたりと教育に熱心です。

その結果、

5歳時の知能指数は高齢出産で生まれた方が賢い子供に育てることが出来るのが証明されているのです。

それと高齢出産でもお母さんは生まれてしまえば経済的には40代以上の女性なら

それだけ収入も多いはずなので塾や習い事など子供の教育にも多くのお金をかけて

育てることができます。

まとめ

 

高齢出産の子供は子供の頃は母親が年を取っているのに多少悔しい思いをするかもしれませんが

各家庭の事情であり、気にする必要はありません。

むしろ、最近では女性の晩婚化が進み初産が35歳以上の女性が
増えています。所謂、高齢出産が急増しているのです。

 

高齢出産は年齢が増えるほど流産や障害児が生まれるなどの
リスクが伴なうと言われています。

ダウン症は20代では1000人に一人という割合ですが
45歳にもなると23人に一人というくらい高い割合で生まれてきます。

でも高齢出産は悪いことばかりではなく、メリットもあります。
お母さんが40代にもなれば仕事も安定して給料や賞与など収入は

安定するので共稼ぎであればなおのことです。

 

塾や習い事や教育に使えるお金も経済的には安心できますし、
本も読み聞かせなど親子の時間を充分楽しめることも出来るでしょう。

また、母親の知識も豊富なので子供のIQ(知能指数)も若い母親の子供と
比べるとより発達していると言われるのです。

高齢出産でも生まれてからは子供にとってはメリットが多いので
賢い人材が育まれていくことになるでしょう。

お母さん年齢など気にせず、堂々と生き生きと過ごしていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です