脳梗塞はなぜいびきをかくか音の特徴は?意識なしで起きないときの対処方法は?

脳梗塞はいびきをなぜ掻くのか?

寝ている間に脳の機能が麻痺してしまうと喉の周りの筋肉が

弛緩(しかん)してしまって舌が喉の方へと落ち込んでしまうのです。
舌で喉が塞がれてしまうと普段のいびきよりも大きいないびきを

かくので家族は異変を察知することができますがまさか脳硬塞
なんていう脳からくる病気だとは思わないことでしょう。

また、普通のいびきならば身体を揺らせばいびきが止まって
気がつくはずなのですがこの場合は起きてくれなくて

脳への酸素が欠乏するととても危険な状態になりますし
最悪死亡する事も考えられます。

注意したいのが睡眠時無呼吸症候群になると一時的に
呼吸が停止してしまい、血液の流れが遅くなります。

血液中に炭酸ガスが増えてくると血流が増えて酸素を脳へと
送り込もうとするのです。

この時に脳の血管が太くなったり細くなったりと血管の
収縮が繰り返して起きると血管内の血栓が剥がれ落ちて

詰まってしまうと脳硬塞を引き起こしてしまいます。

脳梗塞のいびきの音の特徴は?

 

寝ている時に脳硬塞になると喉の筋肉が弛緩(しかん)して
舌がその場で留まっていられなくなるので喉に落ち込んでしまいます。これは酸素を取り入れる呼吸が正しくできなくなって

しまうので身体にとって大変危険な状態なのです。

脳硬塞になると次のようないびきや大きな音が特徴だと言われています。

1 気道が塞がれている状況なのでいびきの音はいつもよりも
  大きな音が出る。

2 いつもはほとんどいびきもかかない人が大きいいびきをかく。

3 いびきがとても大きくて急に止まることもある。

4 普通は息を吐くときしか音は出ないのだがの脳硬塞の時は吸うときも  吐くときも大きないびきをかく。

 

 

意識なしで起きないときの対処方法

いびきをしていても意識がないというのは危険な状況です。

いくら呼んでも起きないときこそ救急車を呼んで病院に搬送するべきです。急に呼吸が停止してからは酸素が体内に運ぶことができなくなり

脳への酸素も不足する自体になります。生命の危険も大きくなります。

いびきが大きいことから喉の筋肉が弛緩して呼吸がまともにできなくて

苦しんでいるいびきなので血管のどこが詰まっているのかを特定しなければなりません。一刻の猶予もないので緊急入院が必要になります。

あとで言語障害や歩行障害が起きるので脳硬塞は

初期の対応で決まってしまいます。特に応急処置が悪くて相手が死亡しても緊急時には医師の知識がないので・たとえ応急処置が適切でなくても法律上は罪にはなりません。

 

まとめ

睡眠時に脳硬塞が起こると舌やべろが気道を塞ぎ呼吸できにくくなり

非常に大きないびきになる。

特に普段いびきをしない人がとても大きないびきをしている時は

要注意です!

また、息を吸うときも吐くときも大きないびきを掻¥かいている時は

ただのいびきではありません。

呼んでも起きない、意識がない時は緊急事態ですので大至急、

救急車を呼び診てもらうことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です