ハロー張りネズミ4話のネタバレ北村家のトイレの手は誰なの?悪霊はいるの?

北村家に他人がいる気配を調査

ある日、人気漫画家の北村(内田慈)が娘と2人ぐらしなのに
誰か他の人がいる気配がするというので調査を頼まれた。

ある日、仕事で北村がいない日に娘が留守番している部屋に監視カメラを
付けて監視をしていたが、娘の七恵(後藤由依良)が一人で

誰かと話しているので不審に思い、駆けつけるが誰も怪しいやつはいなかった。

 

 

 

北村家のトイレの手は誰

 

娘の七恵がいた部屋をゴロー(瑛太)らは調べるが原因不明であるため、
児童心理学者の梶谷を連れてきて
話を聞くが子供のしていることはストレスからで怪奇現象ではないという。母親がいないのでいるときと同じ行動を七恵ちゃんが包丁を持って野菜も刻んでいたんだと言うが、ゴローたちはあまり合点がいかない様子だ。

話をした後、心理学者は2階にトイレを借りに行くがそこでまさかの
恐ろしい怪奇現象が起きたのだ。

トイレに入るが電気がつかずにいるとドアが閉じてしまう。そして大きな手が
出てきて学者は頭を鈍器で殴りつけられて叫ぶ声が下にいるゴローたちに

聞こえて駆けつけるが頭から大量の出血!大至急救急車で病院へ搬送されている。学者は大きな手が頭を掴んでぶん投げられたと話しているが本当におばけの仕業なのか?

 

怪奇現象を否定したばかりの事件だったので、誰かが心理学者の言うことに霊が猛反発しているので襲いかかったのだと思わせたかったのだろうか?

本当に悪霊がいるのか霊媒師河合節子役(蒼井優)が調べてみると

トイレの裏に何かを感じてそこからの霊感を感じると言うが

ホンモノの悪霊がいるのかどうか、犯人がいるのかどうか未だにわからないのだが

河合節子の言うとおり悪霊がいるのなら封じ込めることが出来るのか

腕前を期待したいところだがもしもこれが誰か犯人の仕業だとしたら

ゴローたちの仕事が忙しくなりそうです。

 

 

 

まとめ

北村家の家の中に誰かがいるような心配を調査することになったことでゴロー達は

娘のいる部屋を監視カメラで調べていたら、部屋の戸が開いたり、誰かが調理をして

いたように包丁が出ていて野菜が刻んであったりしたので、不思議な事だと心理学者に

聞くと娘のしたことで怪奇現象ではないというがすぐその後に、学者は悪霊に頭を大怪我させられている。これをを調べていくうちに悪霊がいるという展開になるが

 

霊媒師の言うとおり悪龍が本当にいるのか犯人がいて人間の仕業なのか

今のところ定かではない。5話以降のドラマを見逃さないで見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です