ヒアリの繁殖は止めれるのか?大好物や好む場所や天敵ノミバエの効果とは?

ヒアリの繁殖は食い止めれるか?

 

大阪尼崎、名古屋、神奈川、東京と横浜ではまとめて500匹も
発見された。時間とともに発見場所がどんどん多くなるので

不安を抱かない人はいないでしょう。
でもなんとか日本には定着させたくないので環境省が現在

全国のヒアリが確認された主要港湾の周囲2キロの範囲をくまなく
調査を継続しています。

 

住民や港湾で働く方へのヒアリかどうかの判断はわかりにくいので
出来ることなら死んだアリを写真に撮り環境省地方環境事務所へ

連絡をするようにお願いをしている。

環境省地方環境事務所 
連絡先URL:http://www.env.go.jp/region/index.html

ヒアリの駆除にはベイト剤が有効

 




フィプロニルという成分がヒアリを殺す作用があります。フィプロニルという成分がヒアリを殺す作用があります。

今回のヒアリ騒動でフマキラーの緊急速報より
【アリ用エアゾール】: 「アリフマキラー」「アリカダン」

【アリ用粉剤】: 「アリ・ムカデ粉剤」「アルゼンチンアリ殺虫&侵入防止粉剤」

「アリカダン粉剤」【アリ用液剤】: 「巣のアリ退治 液剤」「アルゼンチンアリ 巣ごと退治液剤」「カダン アリ全滅 シャワー液」

【アリ用ベイト剤】:「ウルトラ巣のアリフマキラー」
「アリカダン ウルトラ巣のアリ退治」
「アルゼンチンアリ ウルトラ巣ごと退治」


以上の薬剤が海外でヒアリの殺虫効果があったことを報告している。

ベイト剤の使い方は10mおきにまいて1ヶ月位で交換するといいです。環境省の職員もヒアリ確認されている場所で実施しています。

薬剤はスプレータイプと液状のものとベイド剤とあるが1ヶ月も有効期間がある置型ベイド型が雨にも強く長期的にも効果がある。なお、ヒアリに殺虫効果がえられたものを

1式紹介しておきます。

 

ベイト剤は生態系に悪影響

ただ覚えておかないといけないのは、ヒアリ殺虫剤はヒアリだけでなく他の生物にも影響が出る。

在来種のアリまで殺してしまうと、ヒアリの敵がいなくなり

ヒアリの繁殖を爆発的に進行させてしまいます。




生態系が崩れてしまい、さらに問題が膨れ上がってしまうようでは

いけないので使い方には充分な配慮が必要だといえます。

ヒアリの大好物や好んでむ場所や習性とは

ヒアリの潜む場所はいったいどんなところを好んで巣を作るというと

平坦なところが好きなようです。

好んで生息するところは、道路の脇や野原や芝生や草の生えているところ

住宅造成地や公園などが危険に晒されやすいです。

大きな蟻塚になると直径が50cmほどで高さが20cm以上にもなり、

うっかりと靴を履いた足で巣を踏もうものなら一斉にヒアリが飛び出てきて気性が荒いのですぐに足に登りながら人間に噛み付かれて猛毒で火がついたように痛くてとびあがる。猛毒を持ち、気性が荒くて攻撃する習性には要注意だそうです。

 

まとめ

ヒアリの繁殖がこのままエスカレートしていくと日本に定住してしまうことだけは避けたいと、環境省は罠や毒エサで最後の水際作戦をしているが、アメリカのようにノミバエという天敵を研究している人もいるので天敵にやっつけてもらうほうが

人間にはとても優しい環境だと思います。昔から日本に定住している在来アリを

上手く使って<


/p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です