藤井四段が初めて負けた本当の理由とは?勝利を決めた佐々木五段の対策とは?

藤井四段の連勝ストップ!!

第30回期竜王戦決勝トーナメントでスイス生まれのイケメン騎士の佐々木勇気五段が藤井聡太四段をくだして勝利した。これで藤井は29連勝でストップしたのです。

ついに藤井四段が負けてしまいました。序盤から押され気味で
途中で挽回出来るかどうかの瀬戸際だったようだが佐々木五段の

戦法に藤井四段が敗北をする結果に終わることで30連勝の夢は
惜しくも崩れ去ったのだった。

藤井四段が初めて負けた本当の理由

 

機敏に動かれて追いつくことができなかったと言っている。

つまり、佐々木五段が先行してどんどん攻めて攻めて積極的に攻め込まれたので応戦に回れなかった、攻撃が止められてしまい守備に時間を取られてしまい、勝利を逃してしまったということになる。

 

つまり、藤井は佐々木の攻めにふり回されて一方的に

藤井のコメントも完敗だといっており、今までの対戦相手とは違う

将棋に追いつけなかった感じである。

 

 

 

藤井四段を負かした佐々木五段の勝利への対策とは?

佐々木五段の勝利した理由は藤井四段の対局を何度も見ており、
自分が当たってからでは遅いので、常に藤井の対局や打ち方を

入念に研究していたからだという。
佐々木五段の意地もあり、連勝にストップをかけて
佐々木は喜んでいる。

面目を果たしたということか?

 

 

まとめ

 

藤井四段が負けた!それも完敗で!30連勝に大手をかけられて連勝を逃した藤井四段だが、

佐々木五段の積極的な攻めに常に追われて一方的に

攻め込まれて完敗したライバルが表れて藤井の30連勝はストップになったが

その訳は藤井は対局を見られている、攻略方法を常に研究されていたからでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です