ハロー張りネズミの原作やネタバレとキャストは?結末の感想や考察は

ハロー張りネズミの原作や特徴

 

原作は弘兼憲史(ひろかねけんし)

ハロー張りネズミは原作が「島耕作シリーズ」で

23巻の画像

有名な漫画家の弘兼憲史が書いた漫画で

1980年〜1989年に週刊ヤングマガジンで

連載された漫画で単行本は全24巻です。

主な内容

舞台は東京都板橋区下赤塚の「あかつか探偵事務所」で

探偵の七瀬吾郎が仲間たちと様々な事件の

解決に向けて日々の仕事ぶりを探偵ドラマにしたものです。

五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は下のスナックの

萌美(片山萌美)に遊びに行く日々だが探偵事務所の所長の

風かおる(山口智子)から仕事の依頼が来る。

五郎は相棒のグレやステリアスなヒロイン・四俵蘭子

(深田恭子)とタッグを組んで事件の解決にどんな演技を

見せてくれるのかが期待されます。

 

ハロー張りネズミのキャスト

あかつか探偵事務所登場人物(キャスト)は

みんな独身であることが共通して言えます。

主人公 七瀬五郎 瑛太(あだ名:ハリネズミ) 

Hでお馬鹿な人間だが情が深く運動神経バツグン

ある事件で四俵蘭子(深田恭子)に出会うことになる。

七瀬五郎 

 

四俵蘭子(しだわららんこ) (深田恭子)

ある事件のことで仕事してて七瀬五郎と出会うことに

謎が有りげな女性で正体は隠している人物

四俵蘭子

 

 

 

風 かほる (山口智子)

あかつか探偵事務所の所長、独身で昼間からお酒を飲む

スケールの大きい女性

山口智子

引用元:http://www.ken-on.co.jp/yamaguchi/index.html

 

 

木暮久作 (森田剛)

ギャンブラーで昔の苦い重荷を背負って生きているが

五郎の相棒でふざけてジョークを連発しているが

男臭くクールに見えるが身の上話で号泣するほど

涙もろい男。

森田剛

引用元:http://johnnys.jocee.jp/user/mocha/4fb5d20b4076d7ebfcd0

 

マスター 中岡創一 

スナック輝(キララ)のマスター

無気力でぼーっとしている独身中年男で趣味とか

私生活不明。

中岡創一

引用元:http://www.oricon.co.jp/prof/551142/

 

萌美  (片山萌美) スナック輝(キララ)店員

看板娘でスタイル抜群、悩殺的なファッションでお客の目を引く

存在で五郎やグレにいつも声をかけられている。

片山萌美

引用元:http://ameblo.jp/poppys/entry-12079840191.html

 

新たに伊藤淳史、吹越満、ムロツヨシ、國村隼らが出演することに

なり、個性豊かな周囲の人々を演じてくれる。

追加キャスト

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000368-oric-ent.view-000

ハロー張りネズミの最終回の感想や考察

ハロー張りネズミの原作は漫画で24巻にまとめているので

最終回は24巻かと思って読んでみても内容は弘兼憲史と他の漫画家の

触れ合いの場で特に最終回にこれは良いというネタは23巻の方が

ぴったりではないかとそれが「徳川埋蔵金」のストーリーだと

いう声が多く聞かれます。

ただ、弘兼憲史さん曰く、

「ドラマの初回放送にあわせて、新作の『ハロー張りネズミ』

を発表することにしました。」 ということで

漫画とドラマをあわせた意味の最終回を新しく

発表するということになるとネタバレはできなくなりますので

7月からのドラマを見逃さないように見てください。

今のところ原作の漫画を元にするのか新たな内容を

ドラマで採用するのか見通しが付きませんので

7月から始まるドラマを楽しみにお待ち下さい。

 

まとめ

ハロー張りネズミの原作と内容について紹介しました。

ドラマハリネズミのキャストを紹介しました。

最終回のネタバレや内容について予想してみました。

ドラマの最終回についてのネタバレは新しい内容がドラマを見ないと

わからないので予測ができにくくなっています

7月から始まるドラマの感想は後日書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です