フライステーションの年齢制限や注意点は?料金表より安く長く飛ぶ方法とは?

フライステーションが日本初、埼玉県越谷に2017年4月オープン

フライステーションとは?

フライステーションとは屋内で簡単にスカイダイビングができる日本で初めて施設なんです。

世界で初めてできたのが2013年にロシアのサンクトペテルブルグで日本は世界中の中でも

フラング

まだ2番めだというのですからびっくりですよね。

このフライステーションの原理は「ウィンドトンネル」という風洞装置に入って

実際のスカイダイビングで体験する時速200キロという猛スピードで落下する状態

を屋内で体感出来るというスゴイ施設なんですね。

 

FlyStation Japan フライステーション・ジャパン

営業開始:2017年4月16日
所在地:埼玉県越谷市レイクタウン6丁目19-3

営業時間:午前9時から午後10時まで営業

料金の支払方法

以下の各種お支払い方法に対応しております。

  • 現金
  • クレジットカード決済(Visa/MasterCard)
  • ネットバンク決済
  • 銀行振込
  • コンビニ店頭設置端末(LAWSON、Family Mart、サークルKサンクス、MINISTOP、セイコーマート)

 

 

フライステーションが初めての方への注意点とは

初めてフライステーションを体験するには

 

必要なものはすべて貸してくれるのでご安心ください。

専用スーツとゴーグル、ヘルメットをつければ自分の

体が空中に浮くのが2~3メートルくらいなんですがこれがめちゃくちゃ楽しいのです。

そうして下から強風が吹き付けて体ごと上に押し上げてくれるので自分で調節して

回転したり出来るのです。

年齢制限や注意点、利用できない方

年齢制限は4歳以上であること。

体にケガや外傷、骨折や捻挫などがなければOKです。

あと、体重は120キロ以下であればOK。

 

お酒を飲んでいる人

妊娠中の方

は利用できません。

 

さあ、飛んでみよう

 

あとは30分の簡単にインストラクターと練習をすればだれでも気軽にフライステーション

が楽しめるのです。

ウィンドトンネルとは直径が4.5メートルで高さが19.8メートルの円筒形の

風洞のことなんですが、ここに入ると強烈な風で体が浮き上がるんです。

これが空中を時速200キロで急降下しているときと同じ除隊なんだそうです。

 

この体験がおもしろくてたまらないんですね。

 

万一、下に落ちてもトランポリンになっているので大怪我をすることはありません。

 

 

 

 

 

フライステーションの料金表と安く長く飛ぶ方法とは?

本当のスカイダイビングだと飛行機に乗って高度何千メートルまで連れて行って

もらわないといけないですね。

それだと1分間で地上に到着するのですがその方法だと1分間30000円するんです。

 

でも、フライステーションだったら料金は半分の14000円で2分間飛べるので

お値打ちだと言えるかどうかなのですが・・・

 

料金の中には

  • フライト権:(インストラクターと一緒に)
  • 必要な装備:(フライトスーツ、シューズ、ヘルメット、ゴーグル)
  • インストラクターによるサポート:(初フライトの方へのインストラクターによる指導)
  •  が含まれていますので安心してください。

通常の料金表は以下のとおりです。2分間で14000円なんですが屋内でする

遊びにしてはめちゃくちゃ高いですよね。

それも、たった2分ですよ。

あとは5分、10分、20分と増やすほど時間が長く飛んでいられます。

 

 

 

料金

料金表

引用元:http://koshigayainfo.net/amusement/flystation.html

フライト料金はスタンダードコースが2分間で14000円であとは

5分、10分、20分と多いほど時間はお得になるのだがたった2分で

14000円という金額にやる気になるのかならないのかあとは個人の

金銭感覚だけだと思います。

 

しかし、なぜこんなにも高額なんでしょうね。

今だけサービスでコレよりも安く出来る方法があります。

それが今だけ発売中のギフト券を使って飛ぶ方法です。5月1日までの限定期間ですが

gifuto

引用元:https://flystation.jp/booking/

それが今、上の価格で飛ぶことが出来るので一生に一度だけ経験しておきたい方は

ギフト券をご利用ください。ただ、購入後、有効期間が半年なので気をつけてくださいね。

なお、特別価格セール実施中で5月1日(月)まではギフト券と同じ価格です。

 

料金表よりも安く長く飛ぶ方法とは?

上の割引を最大限に使ってなるべく人数を多く借りれば一人あたりの料金はお値打ちになります。

例えば20分間で10名で借りるとします。

81900円÷10=8190円・・・一人あたりの料金は14000円と比べると

14000-8190=5810円で5810円も安くなって2分間飛ぶこともできます。

 

 

 

飛ぶ2人

引用元:http://koshigayainfo.net/amusement/flystation.html

 

GW(ゴールデンウィーク)に予約できるの?

予約はウェブサイトから自分の好きな日に時間を指定できます。空いているときは

◯印ですから選択できますが、☓の時間は予約できないです。

このように画面からg-流転ウィークの日時を指定すれば予約完了します。

予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です