宇多野病院の虐待原因・理由と再発防止策は? 虐待看護師の処分は?

宇多野病院の虐待原因・理由

国立病院機構宇多野病院(京都市右京区)で起きた難病患者への虐待は

院長の説明では看護師が感情を抑えきれなかったと釈明しているのだが

なぜ虐待が起こったかが問題じゃないだろうか?




 

看護師の勤務状況や疲労度はどうだったのかとか

手間のかかる障害者に対して何人の看護師でお世話をしていたのかとか

 

確かに看護師のしたことは悪いこととは思うのだが個人一人を

一方的に看護師だけを攻めても本当の解決にはならないはず。

 

弱者を助ける仕事の看護師に暴言や虐待を起こさせる環境を見逃している

 

病院側の責任はとても大きいと思うのです。今回の虐待事件を2度と起こさせないように

する体制こそが大切だと思うのだが看護師の労働状況を今一度よく見直さなくては

行けないと思うのです。

 

看護師も暴言を吐いたり、ナースコールを取り上げたりしたい人はいないはず




なのだが個人的に性格が悪いだけなのでしょうか?

 

悪い介護士を解雇すれば解決になるのでしょうか?

 

障害者への虐待再発防止策は?

先程も挙げたが看護師が障害者へ暴言やネグレクト(介護放棄)の行為を

2度と行わさせないためには徹底的に教育して行くことも大事だが

 

看護師にストレスを持たせない勤務体制や人員補充も更に

重要になると思うのです。

同じ人間ですからたとえ仕事とは言え家族間でも親子でも育児放棄や虐待が

起こっているのですから他人のことを言うことを聞かないとか

20170328220357utano450

引用元:http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170328000169/1

食べさせようとしても食器ごとひっくり返されたりひっぱたきたくなる気持ちも




わかる気もします。

 

虐待事件の再発を起こさせないようにする気があるのなら管理側が

もう少し業務内容を把握してするべきことを至急行うしかないじゃありませんか?

 

 

 

 

虐待看護師の処分は?

看護師を解雇処分にすることは簡単ですが同じことを繰り返さないことが

大切ですね。

今回の看護師の対応は認められないのならばどんな処分がくだされるのだろうか?

何処に行っても病院は看護師が不足しているのですがいつ他の病院で同じことが

起こる可能性は多分何処の病院でも起こりうることかもしれません。

 




 

まとめ

人と人との信頼こそが病院では基本になっているんですが、これからどんどん高齢化社会

になり、看護師の手がますます足りなくなります。

若手の看護師が大量に必要になる時代になるので患者への暴言、ネグレクトなど

虐待が起きない管理体制が必用になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です