アメリカ産のブロッコリーは苦いのは残留農薬のせい?子供が食べても大丈夫?

アメリカ産のブロッコリーが苦い理由は

 

ポストハーベスト農薬について

アメリカでは許可されている農薬で
収穫後に鮮度を保つために使用されている農薬です。ポストは「後」
ハーベストは「収穫」という意味です。

ただし、残留農薬の規制値が日本では定められていて
規制値を超えるものは輸入できない    規則になっています。

ポストハーベストの規制が諸外国よりも
日本の規制値のほうが高い野菜にブロッコリーが入っているのです。

 イミダクロプリド(殺虫剤)という農薬には
ブロッコリーは0.5ppmが国際基準の数値なのです。

 

アメリカ産のブロッコリーは苦いのは残有農薬のせい?子供が食べても大丈夫?

これに対して日本の規制値は5ppmと高くなっているが
これには日本の環境が高温多湿というわけで害虫を

退治するのに濃度がどうしても高くないと効き目が
落ちるからという理由がある。

故に規制値も気象に合わせて高くなるだけで
人体には生涯取り入れても安全な値であるということです。

 

 




ブロッコリーはアメリカからどのように日本へ運ばれてくるのか?

 

アメリカで収穫されたブロッコリーは成長を抑えるエチレンガスに入れてから

防カビ剤や殺虫剤と殺鼠剤を大量にかけられて低温度で船輸送です。

実質、検査は10%も見ればおしまいです。

強い薬を使用しています。日本では使っていない農薬で

今回、TPPの承認でさらに除草剤に使われている薬品が

ホストハーベスト農薬に追加されてしまいます。

アメリカ産のブロッコリーをこれでもあなたは子供や家族の口に入れたいと思いますか?

96958A99889DEBE1E2EAE3E6E7E2E0E3E3E2E0E2E3E79EE6E3E2E2E2-DSXKZO9308146021102015L41000-PB1-2

 

引用元http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/zanryu/faq.html

この理由でアメリカ産のブロッコリーは日本で
作るものよりも農薬の残留濃度が高いので

苦味が出てくるといえます。

苦味の元は防腐剤などのポストハーベスト農薬が

人体には無害だとはいえ味覚には苦味を感じてしまうのでしょう。

アメリカ産は安いが子供には日本産がいい

 

アメリカ産のブロッコリーはたくさんの農薬を使って
安い経費で大量に生産しています。

低音保存されて船便で2週間もかけてきても
しっかり防腐剤が使われているから

アメリカ産のブロッコリーはスーパーでも
美しいのです。残有農薬は本当に大丈夫なのか?

気になるところである。

 




一方日本国産のブロッコリーは日本では農薬の規制値も国内では

厳しくて人件費もかかっているから値段はt高いが安心できる。

子供に食べさせるなら日本製のブロッコリが安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です