志摩市ゴミ袋は高いし作りすぎ!大量の40Lの不燃ごみ袋は売れるの?

志摩市のゴミ袋はなぜ高い?全国的にはどうなのか

志摩市はなぜ10枚入りのゴミ袋が500円もするのか?

まず、そこからだと思う。

しかし全国的に見てみると45リットルのゴミ袋が一番高いのは

北海道 帯広市で45リットルサイズが1枚135円

10枚だと1350円もするのだ!

北海道は結構ざっと見ても90円以上が多いです。次に高いのが東京で

神奈川・・一番安いのは静岡県沼津市だったです。

無料配布しているのか千葉県野田市、大阪府八尾市、長崎県佐世保市だ。

高いと思っていたが更に高いところがあり、驚きました。

志摩市が高いというのはこれを見るとちょっと違った気がする。

特別に厚手のゴミ袋を作るからコストがかかっているのか?

破れにくい素材でも使っているのか?

他の市町村との価格差はなぜか?

それは市役所からの説明はあるのか?なぜないのか?

志摩市はなぜゴミ袋を作りすぎたのか?

22万6500袋もなぜ?考えられない数だ。

昨年売れた枚数は7500袋なので30年分もある。しかも売れない40Lだ。

値下げをしても市民は45Lかきっと買わないだろう。

県外の私でもそう思うのだから在庫は更に続くだろう。

袋も古くなれば劣化して破れやすくなりそのうちに廃棄処分になるだろう。

志摩市からのコメントや報告などが一切なしなのはおかしい話だ。

これが余っている問題の40リットルのゴミ袋ですが

1130万円に相当する約22万6500枚が残っているのだ。

一体誰がこんなに注文したのか?

担当者にまずは、話を聞きたい。

ゴミ袋

引用元:https://this.kiji.is/196440724223082502

45Lと40Lがなぜ同一価格なの?

そもそも、同一料金で10枚500円の不燃ゴミ袋をなぜ45リットルと40リットルと

2種類も作ったのか?30リットルと45リットルの2種類がどこの市でも

主流なのに種類や価格設定に誰も意義を申す人間がいないということなのか?

誰が見てもおかしい設定だし買う側も45リットルと40リットルが10枚500円も

するなら40リットルのゴミ袋なんて買うわけはない。

2014年7月に45リットル入りの不燃ゴミ袋を10枚500円で

40リットルのゴミ袋と10枚と同一料金で作ったのはなぜなのか?

小学生でも分かる話じゃないか。それから2年半の間在庫管理を

誰もしていないのか?ここまで問題になる前になぜ食い止めれなかったのか?

不思議だ。これが公務員の悪い体質なんですね。

自分の懐には関係ないから放置しておくことが出来るのか

これが民間企業なら担当者は解雇だ。

全く市民を馬鹿にしている。市長は職員は何もなくすました顔で

いつも通り市役所に来ているのか?

市民の税金を返せといいたくなるじゃないか!

志摩市は40リットルの不燃ごみ袋の問題で志摩市がようやく重い腰を上げた。

29年3月1日から下記の価格にボミ袋の価格を40リットル10枚入りが500円から200円

大45リットル入りの10枚入りが500円から、250円に値下げをおこなうことになった。

 

志摩市ゴミ袋

 

 

まとめ

結果として志摩市は大量のゴミ袋を抱えて30年間処分に

困るし売れないし市民の税金が台無しになってしまうことは

間違いないだろう。この職員や市長の見解を早急にしてもらいたいと

願うばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です