水に溶けるスニーカーの発売日や価格は?雨大丈夫な訳と開発理由は?

水に溶けるスニーカーの発売日や価格は?

アディダス(adidas)から水に溶けるスニーカーが初めての発表されました。

重さも15%くらい軽量化に成功しているらしくランニングシューズにはぴったりですね。

古くなって捨てるときには水に溶かして下水へと流してしまうことが出来るのだそうです。

 

 

 

雨の日は大丈夫?どうやって溶かすの?

 

水に溶けると聞くとじゃあ、雨降りだと靴が溶けてしまうのではないかと

心配しますけれども、大丈夫です。

分解性の人工クモ糸からできていてプロテイナーゼという酵素がないと

雨だけでは溶けないからです。

プロテイナーゼという酵素を混ぜた水に36時間漬け込んでおくと

タンパク質からできている人工クモ糸が溶けたらそのまま下水に流して

捨てることが可能になります。

ただし靴底の部分はどうしてっも人工クモ糸ではできないので

残されてしまうためゴミとして処分するしかないでしょう。

開発理由は?

 

この靴の名前はなだ、正式には発表されていないです。

アディダス(adidas)の開発理由はアスリートに最高のコンディションで

良い結果が出るようにとの配慮かとも思われるし

環境対策の一環として不燃ごみの量を軽減させるにも

役に立っているからだと思われます。

 

まとめ

 

アディダスから地球に優しい「水に溶けるスニーカー」とてもいいかもしれませんね。

ゴミの減量化は環境対策に役立ちますし、地球温暖化の防止にもつながるでしょう。

発売はいつでしょうか?値段など

気になりますが徐々にこの靴が将来、徐々に増えて行くことかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です