指紋盗撮を自分でできる防止対策ってあるの?被害額はいくら?

Pocket

便利なSNSの影にはご注意が必要

友人や家族で楽しい写真を送ったり、もらったりとできるSNSは

とても役立つものです。フエイスブックやツイッターなどが有名で画像中心の

INSTAGRAMも人気があります。

友達同士でピースサインや手を振ってみたりする仕草も楽しそうで良いのですが

近年は、指紋を盗撮することで個人情報を悪用したり、金銭的被害を受ける可能性もあるので

国立情報学研究所では指紋盗撮を未然に防ぐ歩法を開発しているのです。

2年後には実用化出来るように目指している。

指紋盗撮を自分でできる防止対策とは?

自分でできる防止対策とは

1 ピースサインは指の腹をカメラに向けないこと%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%b3

2 手の平をカメラに向けないこと

%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%82%89

3 手袋をはめること

%e6%89%8b%e8%a2%8b

SNSは大変便利で利用する時がありますが、それを盗みに悪用する人が

いることを覚えておきたいですね。

 

 

うっかりと友達や家族で撮影した写真がネット上に放置されていたりすると

指紋認証にピース写真、手のひらなど指の指紋をカメラで拡大させて読みとられ

顧客の個人情報が抜き取られたり、金銭的被害につながるのです。

%e6%8c%87%e7%b4%8b%e8%aa%8d%e8%a8%bc%ef%bc%92

 

 

 

 

指紋盗撮後にされることは

インターネットで自分のピースや手を写している写真をおくことは

だれかに知らないうちに指紋を盗撮されてどのように悪用されるか

わからないのでとても危険なことになります。

現実に以下のようなサービスが始まります。

イオン銀行の新サービスが始まりますが、カードも印鑑も無しで指紋だけでも

現金の引出しが可能になるのです。

。いかはイオン銀行のサイトからの引用です。

イオン銀行では指紋認証による本人確認だけでATMが利用できるようになり、現金の預けおろしが出来るようになります。

指の指紋だけでATMを操作して、現金がおろせるようになるので、キャッシュカードがなくても現金がおろせるようになって非常に便利です。このATMでの指紋認証だけで本人確認するシステムは全国的にも例がなく、イオン銀行のみでのサービスになるそうです。

 

まとめ

不特定多数の人が見ることが出来るSNSですが指紋盗撮をされてしまうと

あなたの知らないうちに口座が0円に!!

ということにもなりかねません

自分のお金や大切なものは人任せにはできませんよね。

いつ、誰が被害に合うかもしれないので十分用心に越したことはありませんね

指紋の管理には気をつけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です